【告知】10月8日(日)に茨城県那珂郡東海村で「“自分ごと化会議”公共施設の在り方を考える」(第1回目)を開催します!!

 


 

★「東海村“自分ごと化会議”公共施設の在り方を考える」の特徴★

 

特徴1.2020年~2021年に「原発」をテーマに住民協議会を初実施。今年度は2回目の実施であり、公共施設の在り方をテーマに「自分ごと化会議」を開催します。

 

特徴2.まず東海村にある公共施設のうち、特に住民とかかわりの深い公共施設4区分20施設を対象に施設レビューを実施し、課題整理を行います。そこで洗い出された重要な論点をテーマとして、住民(自分ごと化会議メンバー)で3回にわたって議論を行います。

 

特徴3.無作為に選ばれた1,000名のうち応募のあった村民と、県立東海高校の生徒が参加します。

 


 

【日 時】
■施設レビュー(公共施設の課題整理)
 2023年8月26日(土)9:00~16:00(実施済)
 2023年8月27日(日)9:00~12:00(実施済)

 

■自分ごと化会議(住民協議会)
 2023年10月8日(日)14:00~17:00(予定)
 2023年11月5日(日)14:00~17:00(予定)
 2023年12月17日(日)14:00~17:00(予定)

 

【会 場】
東海村役場行政棟5階 原子力視察研修室(東海村東海3丁目7-1)
【傍 聴】
どなたでも傍聴できます(無料、事前登録不要、途中入退室可)

 


●施設レビュー(実施済)

【対象事業】
<1日目>
①市民文化系施設区分(9施設)
②社会教育系、スポーツ・レクレーション系施設区分(6施設)
<2日目>
③保健福祉施設区分(3施設)
④行政系施設・産業系施設区分(2施設)
【構想日本チームの構成】※50音順
<1日目>
・コーディネーター:熊井成和(構想日本特別研究員)
・外部有識者:今泉 宏保(太田市役所まちづくり推進課)
・外部有識者:永久 寿夫(名古屋商科大学経済学部教授・構想日本シニアアドバイザー)
・外部有識者:比嘉 亜弓(NRIシステムテクノ株式会社 取締役)
・外部有識者:古橋 徳人(民間企業人)
<2日目>
・コーディネーター:熊井成和(構想日本特別研究員)
・外部有識者:桑子 幹弘(太田市役所市民税課)
・外部有識者:永久 寿夫(名古屋商科大学経済学部教授・構想日本シニアアドバイザー)
・外部有識者:比嘉 亜弓(NRIシステムテクノ株式会社 取締役)
・外部有識者:髙橋 英幸(民間企業人)

 
●自分ごと化会議

8月26日(土)、27(日)の「施設レビュー(課題整理)」では、外部有識者と村職員、自分ごと化会議メンバー(参加者)が議論し、公共施設の現状把握と判定を行いました。

施設レビューの結果をもとに、公共施設すべてに共通する課題を抽出し、メインテーマ、議論テーマを設定。

次は“自分ごと化会議メンバー”が中心となって、全3回の自分ごと化会議を開催します。

 

【主 催】
東海村

 

【協 力】
一般社団法人 構想日本

 

【お問合せ】
一般社団法人 構想日本
TEL:03-5275-5607
MAIL:shiwake@kosonippon.org
詳細は、東海村HPをご覧くさい。