• 過去のJ.I.フォーラム

第196回J.I.フォーラム 事業仕分けがもたらしたものと今後に向けて  2013/12/15(日)開催

-オープンガバメント最先進地域からの報告-

 政府や自治体の情報を極力公開する。そして住民、国民と一緒に政治、行政を考える。この「オープンガバメント」が世界の潮流です。
 茨城県内では6市町で14回も事業仕分けが実施されており、しかもすべての仕分けで市民が判定に参加(市民判定人)しています。これは全国で茨城県だけ。つまり、茨城県はオープンガバメントの最先進地域なのです。
 そこで、事業仕分けの実際の効果や先進オープンガバメントの状況について、3市長が一堂に会し、住民と双方向の議論をすると同時に、全国に広く発信していきます。


日時 2013/12/15(日) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 千代田公民館講堂(茨城県かすみがうら市上佐谷991-5)
参加費 無料
親睦会参加費
主催 構想日本
備考
●共催  那珂市、かすみがうら市、つくばみらい市

●参加費 無料

※今回のフォーラムは、初の“地方開催”です。ご注意くださるようお願い致します。

 尚、今回のフォーラムでは、懇親会はございません。

〇配布資料はこちら(配布資料1)(配布資料2)(配布資料3)(配布資料4)(配布資料5
〇アンケート結果はこちら
ゲスト 海野 徹 (那珂市長)
片庭 正雄(つくばみらい市長)
宮嶋 光昭(かすみがうら市長)
加藤 秀樹(構想日本 代表)

コーディネーター:伊藤 伸(構想日本 総括ディレクター)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第195回J.I.フォーラム 「小さいことは面白いことだ」 ~市町村長企画第二弾「町村長に聞く」~  2013/11/28(木)開催

「大きいことはいいことだ」 私たちの周りにはこんな感覚が多いと思います。自治体も合併して大きくなりました。それでもまだ小さな町や村が残っています。その中で、小さいからやっていけない、ではなくベンチャー企業のように小さいからユニークなことをやり元気な町や村があります。そんな町長、村長さんに大いに語っていただきます。


日時 2013/11/28(木) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室 港区赤坂1-2-2
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)

※懇親会会場
 
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
〇アンケート結果はこちら
ゲスト 伊藤 実 (豊根村長)
片山 健也(ニセコ町長)
笹野 寛 (新庄村長)       
後藤 健市(合同会社 場所文化機構 代表)

コーディネーター : 加藤 秀樹(構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第194回J.I.フォーラム 「熱い市町村長たち」第一弾  2013/10/28(月)開催

「若者」「バカ者」「よそ者」市長 大いに語る

4年間で2度の政権交替。この間、経済は少し動き始めましたが、財政、超高齢社会、地域の空洞化など日本が直面する大問題は未解決のままです。  しかし日本中をよく見ると、そこかしこでユニークな、あるいは地道な動きが出ています。国は大きいから、誰にとっても「他人事」。その間に、地域のことを「自分事」と思う行政、住民、企業が動いているのです。特に、首長がイニシアチブをとると町の力が結集されます。地域を、そして日本をどうするか。大いに語って頂きます。


日時 2013/10/28(月) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2階 大会議室 港区赤坂1-2-2
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)

※懇親会会場
 
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
〇配布資料はこちら
〇アンケート結果はこちら
ゲスト 井原 健太郎(柳井市長、39歳) 
山中 光茂(松阪市長、37歳)

福嶋 浩彦(中央学院大学教授/前消費者庁長官)

コーディネーター : 加藤 秀樹(構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第193回J.I.フォーラム 「出所者居酒屋」プロジェクト  2013/09/30(月)開催

-犯罪を減らすための現場の動き-

今回は、刑を終えて出所した人が働く居酒屋を作ろうという話です。  成人犯罪者の再犯比率は平成9年から上昇を続け、23年度は約44%です。そして再犯者の60~80%が無職で、再犯回数が増えるほどその比率は高くなっています。つまり出所後、職がないことが再犯の大きな背景なのです。  犯罪は特別な人間だけが起こすものではありません。ところが、一旦「出所者」になると真っ当な仕事に就けなくなるのが今の日本なのです。  そこで、「初犯⇒出所⇒無職⇒再犯」という負の連鎖を断ち切り、出所者が社会復帰できるようにし、犯罪も減らそう。そのための場として「居酒屋」を作ろうという試みです。  かねてこの企画を温めてきた玄秀盛さんを中心に、社会と犯罪の問題についてフロアの皆さんと一緒に考えたいと思います。


日時 2013/09/30(月) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2F 大会議室
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)

※懇親会会場
 
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
〇アンケート結果はこちら
ゲスト 浅野史郎(神奈川大学教授)
玄 秀盛(公益社団法人 日本駆け込み寺 代表)
Paix2 (ぺぺ 女性デュオ : 北尾真奈美・井勝めぐみ) 

コーディネーター : 加藤 秀樹(構想日本 代表)
議事録はこちら

第192回「J.I.フォーラム」のご案内 憲法改正を「自分事」として考えてみよう  2013/08/26(月)開催

憲法96条の改正が急に注目を浴びています。 
96条には「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の 賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。」と定められており、この「3分の2」を「過半数」に変えて、憲法改正をし易くしようというのが論点です。 
内容を変える前にまず改正手続きを変えようということについてどう考えるか。 憲法改正は国民投票という形で国民が直接判断を下す事柄です。 
私たち自身が「自分事」としてしっかり考えなければいけないと思います。
そこで、憲法学者の精鋭に来ていただき、日本国憲法の制定経緯、国会による統治機構のあり方、96条の意味など、参加者との対話を中心に双方向で議論し問題に対する理解を深めたいと考えています。


日時 2013/08/26(月) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2F 大会議室
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)

※懇親会会場
 
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
〇インターネット中継はこちら
〇アンケート結果はこちら
ゲスト 青井 未帆(学習院大学 法務研究科教授)
只野 雅人(一橋大学大学院 法学研究科教授)

開 会:加藤 秀樹(構想日本 代表)
コーディネーター:丹治 幹雄(構想日本 研究員)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第191回J.I.フォーラム ワカモノ・イニシアティブ ~若者よ、ここから政治に入ってみよう~  2013/07/31(水)開催

みなさん「行政事業レビューシート」を知っていますか?政府の全事業を定型化して説明したものです。これを見れば国のお金の使い方、流れ方がわかります。誰もが「仕分け人」になれる材料なのです。しかし、まだまだ宝の持ち腐れになっています。
そこで構想日本は、国民、特に若者が「レビューシート」について、「あれはいいね」とか「ここヘンだよね」と言えるようなウェブサービスを開発しました。開発の責任者も現役高校生。いわば、「若者による若者のための政治参加サービス」です。その名も「JUDGIT!」。
このサービスの実演、お披露目をします。
これをきっかけに、若者が大いに政治に参加、そして老・壮・青がこぞって政治を「自分事」にする国にしたい。そんな期待をこめています。
「JUDGIT!」はそれだけの可能性を秘めています。


日時 2013/07/31(水) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2F 大会議室
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)

※懇親会会場
 
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
JUDGIT!はこちら
ゲスト 鈴木 邦和(日本政治報道株式会社 代表取締役)
原田 謙介(NPO法人 YouthCreate代表)
山田 進太郎(株式会社コウゾウ 代表取締役社長)
吉田 拓巳(株式会社セブンセンス 代表取締役) 

加藤 秀樹 (構想日本代表)
コーディネーター :伊藤 伸(構想日本 ディレクター)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第190回J.I.フォーラム「ネット選挙解禁! 政治は変わるか?」 2013/06/13(木) 開催  2013/06/13(木)開催

7月の参院選でインターネットによる選挙運動(ネット選挙)が解禁になります。選挙運動や有権者の受け取る情報はどう変わるのか。今後の可能性、課題、公選法の問題など、政治家、有権者、メディアなど、当事者の中心人物に集まって頂き、縦横無尽に議論していただきます。

論点提示:「ネット選挙解禁」の考え方
    
    第一部:「ネット選挙解禁で有権者の何がどう変わるか」

    第二部:「政治家がネット選挙解禁に期待すること」

※今回に限り、学生の方は特別料金500円でご参加いただけます。
(受付にて学生証をご提示ください。)


日時 2013/06/13(木) 15:00~18:00(14:30開場)
場所 日本財団ビル2F 大会議室
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費
主催 構想日本
備考
〇公職選挙法(政策プロジェクト)はこちらから
〇インターネット中継はこちら
〇配布資料はこちら
〇アンケート結果はこちら


※懇親会はございません。
ゲスト ・論点提示:「ネット選挙解禁」の考え方
  津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)

・第一部:「ネット選挙解禁で有権者の何がどう変わるか」
  奥律哉氏(株式会社電通電通総研研究主席兼メディアイノベーション研究部長)
  川邊健太郎(ヤフー株式会社 副社長兼最高執行責任者)
  原田謙介(NPO法人 YouthCreate代表)
  森永真弓(博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所)

・第二部:「政治家がネット選挙解禁に期待すること」

  石破茂(衆議院議員、自民党幹事長)
  杉本誠司(株式会社ニワンゴ代表取締役社長)
  細野豪志(衆議院議員、民主党幹事長)
  加藤秀樹(構想日本代表)

コーディネーター:伊藤伸(構想日本ディレクター)
     (一部、二部とも)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第189回J.I.フォーラム「『施設仕分け』で公共施設の最適化を!!」  2013/05/27(月)開催

~総論賛成、各論反対の中での合意形成の仕組みづくり~

戦後50年間、日本の公共施設つまりハコモノは世界最高のペースでつくり続けられました。
笹子トンネルにみられるように、今やそれらの老朽化が進み、耐震化、省エネ化、バリアフリー化などの対応にも迫られています。
さらに人口移動や、市町村合併に伴う施設の再配置の検討も必要です。
公共施設の見直しは、住民が安いコストで、安全に、使いやすくするためのものですが、様々な利害も伴います。
そこで、構想日本は、事業仕分けで培ったノウハウを生かして「施設仕分け」を提唱しています。
これは、住民参加による公共施設再配置のための合意形成の手法です。
公共施設の見直し先進地の浜松市の事例を含め、公共施設の将来のあり方などについて議論します。


日時 2013/05/27(月) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2F 大会議室
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)

※懇親会会場
 
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
〇インターネット中継はこちら
〇配布資料はこちら
ゲスト 鈴木 康友(浜松市市長)
福嶋 浩彦(中央学院大学教授/前消費者庁長官)

コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第188回J.I.フォーラム 「構想日本は何をしたいのか」  2013/04/25(木)開催

構想日本の活動が17年目に入りました。構想日本の提言が具体的な形で実現したものは、事業仕分けをはじめ16年間で30項目以上に上ります。日本を良くするために必要なシンクタンクはアメリカ型ではなく社会活動型だ、というのが16年間の経験に基づく私たちの実感です。これまで構想日本は、どんな「社会」を目指しているのかについて語ってきませんでした。社会の部品である「政策」を出すのに徹してきたのです。この機会に「社会」について少し話したいと思います。そして、なるべく大勢の人から意見や質問、ダメ出しなどを頂きたいのです。そうやって「世直しの輪」を拡げていく第一歩にしたいと考えています。よろしくお願いします。(加藤秀樹)


日時 2013/04/25(木) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2F 大会議室
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)

※懇親会会場
 
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考 ○当日配布資料
ゲスト 登壇者: 加藤 秀樹(構想日本代表)
議事録はこちら

第187回J.I.フォーラム 生活困窮に対する支援の本質を考える  2013/03/25(月)開催

生活保護・就労支援など、日本には生活困窮者に対して様々な、そして複雑な支援のしくみがあります。それについて、まだまだ足りない、いや、やりすぎだ、お金がないなど、政治もメディアも、専門家の意見も大きく揺れています。本当の問題はどこにあるのか、現場から語って頂きます。

ご注意下さい。日程と会場が変更になっております。

☆ニコニコ生放送にて、インターネット生中継します☆


日時 2013/03/25(月) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 都市センターホテル  701号室
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)
主催 構想日本
備考 ※懇親会会場 
 
「レストラン ピアッツァ」 
ホテルルポール麹町 地下1階
千代田区平河町2-4-3 TEL 03-3265-6435

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。

ゲスト 奥田 知志(NPO法人北九州ホームレス支援機構 理事長)
生水 裕美(野洲市 市民部 市民生活相談室主査)
高沢 幸男(寿支援者交流会 事務局長、インクルージョンネットよこはま 代表理事)
田中 尚輝(NPO法人市民福祉団体全国協議会専務理事)
山根 晃 (足立区 福祉部 北部福祉事務所長)
    
コーディネーター: 加藤 秀樹(構想日本 代表)
※ 冒頭で現場の声をDVDで紹介します。
 解説:福田 房枝(生活困窮者再チャレンジ支援室長)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第186回J.I.フォーラム 「新人議員よ、大志を抱け」  2013/02/27(水)開催

過去3回の総選挙では毎回100人前後の新人議員が誕生しています。
 しかしその多くが一期だけで議員生活を終えています。
 これは日本の政治にとって大変効率が悪くもったいないことです。議員の質もまちまちです。
 しかし志の高い「これは」という議員には党派を超えて是非立派な政治家として大成して欲しい。誰もがそう願っています。
 各党の新人議員に大いに語っていただきます。


日時 2013/02/27(水) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2F 大会議室
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費
主催 構想日本
備考
※懇親会会場
 
「ビストロ ボンファム」 
 港区赤坂1-3-13 TEL 03-3582-0200

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
ゲスト 衆議院議員
自民党: 井林 辰憲、今枝 宗一郎、小林 鷹之、今野 智博、斎藤 洋明、白石 徹、田畑 裕明、津島 淳、中川 俊直、藤井 比早之、細田 健一、務台 俊介、村井 英樹。

日本維新の会: 足立 康史、重徳 和彦、杉田 水脈、鈴木 望、高橋 みほ、西田 譲 、西野 弘一、丸山 穂高。
        
みんなの党: 井坂 信彦、佐藤 正夫、椎名 毅、三谷 英弘。 
                                  (党派別・五十音順・敬称略)
コーディネーター : 加藤 秀樹(構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

第185回J.I.フォーラム 飯舘村長・菅野典雄 × たくきよしみつ × 加藤秀樹  2013/01/21(月)開催

震災後2年目のフクシマ -それでも「までい」に生きる-

※ ご注意下さい。日程が変更になっております。
「までい」とは、福島県北部の言葉で、「丁寧に」、「心をこめて」などの意味で使われます。「飯はまでいに食え」、「子どもはまでいに育てろよ」など、常に使われる言葉です。飯舘村は長い間、合併もせずまでいに村づくりをし、村民はまでいに暮らしてきました。ところが原発事故ですべてが一変しました。今も全村避難の状態です。
マスメディアは何事をも、一過性の事件、イベントにしてしまいます。しかし飯舘村の人々にとって原発事故の結果は、これからの人生そのものです。
「汚染」がつくり出した問題と2年近く闘い続けてきた飯舘そして福島の現状と本当の課題を、菅野村長と、原発事故の問題についても一貫して的確な指摘を続けてきたたくきさんに話して頂きます。


日時 2013/01/21(月) 18:30~20:30(18:00開場)
場所 日本財団ビル2F 大会議室
参加費 2,000円 / 学生 500円 (構想日本会員は無料です)
※ 学生の方は、 受付にて学生証をご提示下さい。
親睦会参加費 4,000円程度 (参加希望の方のみ)

※懇親会会場
 
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 
 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※懇親会直前キャンセルの場合はキャンセル料を申し受けます。ご了解くださいますようお願いいたします。
主催 構想日本
備考
○当日の配布資料はこちら
ゲスト 菅野典雄(福島県飯舘村 村長)
たくきよしみつ(作家)
コーディネーター:加藤秀樹(構想日本 代表)
ゲスト発言はこちら
議事録はこちら

2012年のフォーラム 2014年のフォーラム