【告知】3月14日(日)に京都府福知山市で「第2回福知山市民懇談会」を開催

 

★福知山市民懇談会の特徴★

1:無作為に選ばれた市民と福知山わかもの会議、市の若手有志職員により構成される3Fチームのメンバーが、共に議論しながら、市の総合計画「福知山まちづくり構想」(令和4年度からの5か年計画)を作成する。

2:4つのテーマ「安心して快適に過ごせるまち」「子育てのしやすさと学びのまち」「健康で生きがいのあるまち」「産業振興と発信力のある魅力あふれるまち」ごとに分科会を構成する。

3:計画策定後も、計画の検証・改善(PDCA)を行うため、市民懇談会参加者等を中心とした市民による検証を実施。

 

【日時】

第2回:3月14日(日)13時30分~16時40分(予定)

主な内容

●第1回の振り返りと第2回の進め方

●4つのテーマに関連する福知山市担当課から、現状と課題を説明

●市民参加者同士の議論

 

第1回:令和2年12月13日(日)13:00~16:30(終了)

第2回:令和3年3月14日(日)13:00~16:40(予定)

第3回:令和3年4月24日(土)13:00~16:40(予定)

第4回:未定

第5回:未定

 

【会場】

福知山公立大学(京都府福知山市堀3370)

・第1分科会「安心して快適に過ごせるまち」

京都工芸繊維大学(京都府福知山市字堀3385)

・第2分科会「子育てのしやすさと学びのまち」

・第3分科会「健康で生きがいのあるまち」

・第4分科会「産業振興と発信力のある魅力あふれるまち」

※お問い合わせ先:福知山市役所市長公室経営戦略課(TEL:0773-24-7030)

 

【市民懇話会参加者】

・福知山市民懇談会(福知山市民):82名

⇒住民基本台帳から無作為に選ばれた3,200名の中から、応募のあった市民

・福知山わかもの会議の参加者:3名

・3Fチーム(※)に所属する市職員:16名

・コーディネーター

分科会①:田中  俊(構想日本プロジェクトマネージャー)

分科会②:中田華寿子(構想日本理事)

分科会③:上久保明治(構想日本特別研究員)

分科会④:荒井 英明(構想日本特別研究員)

総括:伊藤 伸(構想日本総括ディレクター)

 

※3F(スリーエフ)とは

市の各部署から集まった若手職員で構成される「3Fチーム(Fukuchiyama、Future、Friendship)」。

3Fはこれまで、2040年に福知山に暮らす4人の「人物像」を設定し、その人物が2040年の社会で生活していける、あるいは思いが叶えられるために、どのような社会的な条件が必要かを検討してきました。

 

【主催】福知山市

 

【協力】構想日本

 

【お問合せ】

構想日本 田中/平山
TEL:03-5275-5607
MAIL:shiwake@kosonippon.org