加藤 秀樹(かとう ひでき)

構想日本代表

経歴

大蔵省に勤務後、1997年4月、日本に真に必要な政策を「民」の立場から立案、
提言そして実現するため、政策シンクタンク構想日本を設立。
国、自治体のバランスシート導入、道路公団民営化、事業仕分け、医療制度改革など、
縦横無尽の射程から日本の変革をめざす。

主な歴任、兼職

1997年~2008年  慶應義塾大学総合政策学部教授
2007年~2012年  東京財団会長
2009年~2012年  内閣府行政刷新会議議員 兼 事務局長
2006年~現在  公益財団法人四国民家博物館理事長
2010年~2014年  静岡県“ふじのくに”行財政革新戦略会議 委員
2011年~2017年  三重県経営戦略会議 委員
2014年~現在  京都大学経営協議会 委員
2015年~現在  京都大学 特任教授

著書、編書

『道路公団解体プラン』 文藝春秋(加藤秀樹と構想日本編)
『ひとりひとりが築く新しい社会システム』 ウェッジ(加藤秀樹編著)
『浮き足立ち症候群 危機の正体21』 講談社(加藤秀樹編著)
『立法学のフロンティア2』 ナカニシヤ出版(第7章「立法システムとNPO、
シンクタンク」執筆)など

       

構想日本の使命

       

早わかり
構想日本

       

       

描く未来

       

       

成果と実績