メールマガジン

【No.483】この一年の事業仕分けを振り返って

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
J.I.メールニュースNo.483 2010.12.24 発行
この一年の事業仕分けを振り返って
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
◆◇ 目 次 ◇◆
【1】 この一年の事業仕分けを振り返って
構想日本政策担当ディレクター 中村 卓
【2】 第162回J.I.フォーラム 1月25日(火)開催予定

【3】 2010年度自治体の事業仕分け 開催スケジュールはホームページでご覧ください

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 この一年の事業仕分けを振り返って
構想日本政策担当ディレクター 中村 卓

――――――――――――――――――――――――――――――――
年の瀬を迎え、今年の熱く、濃い「事業仕分けシーズン」もようやく終わった。
国レベルでは、政府行政刷新会議が春に独立行政法人と公益法人、秋に特別会計と再
仕分けを行ったほか、自民党も4月には子供手当や高速道路無料化など現政権が推進
する主要事業、6月には政府の諸規制政策を対象に、事業仕分けを行った。
構想日本が自治体と行う事業仕分けも、今年は急増した。
事業仕分けは、もともと構想日本が2002年から進めてきたもので、3年ほど前から増
加傾向にあったが、今年は6月から12月までで49件にのぼり、過去8年間の合計に
ほぼ匹敵する件数となった。このうち、すでに2度目、3度目という自治体も15件
を数え、地道な取り組みとして継続的に実施する自治体も増加した。
数が増えただけでなく、内容も進化した。事業の選考、事業シートの作成、本番の運
営体制、実施後のフォローという一連の過程で、透明度を高め、説明責任を果たすた
めの様々な努力、創意工夫がみられた。
中でも「市民判定人方式」を採用した自治体が急増した。仕分け人が議論をし、結果
判定は無作為抽出で選ばれた20名程度の住民が行うというこの方式は、昨年7月に富
士見市で初めて実施したものだが、今年は17自治体に広がった。関心度、注目度の高
まりに連れ、事業仕分けの取り組みの質をどう高めるか、行政内部の取り組みにとど
まらず住民参加、住民自治にどうつなげていくかという問題意識が実施自治体に育っ
ていると感じられる。
地方議会の会派が実施する事業仕分けが増えたのも、今年の特徴である。議会会派の
事業仕分けは、昨年2月に民主党京都府議会議員団が初めて実施し、続いて7月に自
由民主党横浜市議団が実施した。この両会派は、その後も継続して実施しているが、
今年はさらに、民主党・無所属の会さいたま市議団、越谷市議会新政クラブ、宮城県
議会改革みやぎが加わり、年明け早々には民主・みやこ未来京都市会議員団が実施予
定である。取り組み手法は様々で、事業説明を議員が行うケースもあるが、いずれの
取り組みも活気があり、その後の議会活動やマニフェストづくりに生かそう、という
意気込みが感じられた。
とはいえ、現状では議会内のグループである会派の取り組みにとどまり、議会として
実施するには至っていない。住民の代表者として行政の事業をチェックするのが議会
の役割であることからすれば、議会が率先して事業仕分けに取り組んでほしい。来年
は、全国のモデルとなる議会主導の事業仕分けが現れるよう、働きかけをしていきた
い。
6月から12月まで切れ目なく続いていた自治体事業仕分けも、ここでようやく一区切
りついた。この間、多くの皆さんに、多大なご尽力をいただいたことを心から感謝申
し上げる。そう申し上げている間にも、構想日本の事務所には、既に来年度の事業仕
分け実施希望が多数寄せられている。新たな年、事業仕分けの輪をさらに広げ、この
国を基礎から、現場から変えていくうねりをつくり出したい。

【2】 第162回J.I.フォーラム 1月25日(火)開催予定
――――――――――――――――――――――――――――――――
詳細は決まり次第お知らせします。

【3】 2011年1月自治体の事業仕分け 開催スケジュール
――――――――――――――――――――――――――――――――
<2011年1月>
京都市     7日(金)
宗像市     15日(土)
長野県     15日(土)、16日(日)
●詳しくは構想日本HPをご覧ください:http://www.kosonippon.org/shiwake/contribution/index.php

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えてください。またinfo@kosonippon.org宛てに転載の旨を
ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたします。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第2、3巻など
好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」ただいま、更新中。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2010 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□