【告知】7月10日(土)11日(日)に静岡県で施策レビューを開催

静岡県「“ふじのくに”士民(しみん)協働施策レビュー」の特徴

  1. 県の施策を県民評価者がチェックし、この場で県民が議論し提案した改善策を、県は翌年度以降の施策に反映していく。
  2. 無作為に選ばれた県民のほか、過去の参加者、公募等による学生など総勢173名が県民評価者として参加。
  3. 2009年から「事業仕分け」「事業レビュー」「施策レビュー」と継続して実施し、13回目。
※施策:県が行う事業をとおして達成する目的や方針。今回はエネルギー地産地消、自殺対策、障害関連、外交など。

 

【日時】

2021年7月10日(土)10:00~17:00(予定)
2021年7月11日(日)10:00~17:00(予定)
※全6施策中1施策は延期となりました。延期後の日程は未定です。

 

【会場】

静岡県庁別館 (静岡市葵区追手町9番6号)

 

【議論する施策とコーディネーター・専門委員】

《1日目》

1班 施策『エネルギーの地産地消』

コーディネーター    :伊藤 伸(構想日本 総括ディレクター)
専門委員(構想日本選定):森 真樹(ローカルエナジー株式会社 専務取締役 統括部長)
専門委員(静岡県選定) :岩堀 恵祐(静岡県立大学客員教授 宮城大学名誉教授、ふじのくに未来のエネルギー推進会議会長)

 

2班 施策『健全な心身を保つ環境の整備』

コーディネーター    :石渡 秀朗(構想日本 特別研究員)
専門委員(構想日本選定):小牧 奈津子(特定非営利活動法人自殺対策支援センターライフリンク)
専門委員(静岡県選定) :杉山 直也(公益財団法人復康会 沼津中央病院院長)

 

3班 施策『地域外交の深化と通商の実践』

コーディネーター    :荒井 英明(構想日本 特別研究員)
専門委員(構想日本選定):水田 秀子(横浜YMCA 理事・常議員、横浜英和学院 理事)
専門委員(静岡県選定) :小針 進(静岡県立大学 国際関係学部教授)

 

《2日目》

4班 施策『防災・減災対策の強化』

7月3日に発生した水害・土砂災害を受け延期となりました。
開催日が決まりましたら改めてお知らせいたします。

 

5班 施策『障害のある人が分け隔てられない共生社会の実現』

コーディネーター    :石渡 秀朗(構想日本 特別研究員)
専門委員(構想日本選定):風間 康寛(NPO法人エシカファーム 理事長、株式会社インクル 代表取締役)
専門委員(静岡県選定) :増田 樹郎(静岡福祉大学教授 副学長)

 

6班 施策『交流を支える交通ネットワークの充実』

コーディネーター    :荒井 英明(構想日本 特別研究員)
専門委員(構想日本選定):上村 敏之(関西学院大学 経済学部 教授)
専門委員(静岡県選定) :中野 雅晴(公益社団法人 静岡県観光協会 ディレクター兼国内マーケティング課長)

 

【傍聴】

新型コロナウィルス感染症の感染防止対策のため、傍聴の受付は予定しておりません。
詳細は静岡県にお問い合わせください。

 

【主催】

静岡県

 

【協力】

構想日本

 

【お問合せ】

構想日本 永由/石川 TEL:03-5275-5607 MAIL:shiwake@kosonippon.org