お知らせ

2023年11月2日

【動画公開】自分ごと化対談第6弾/山邊鈴氏(Wellesley College学生)×加藤秀樹

コロナ禍で様々な社会問題が顕在化し、行き詰まった日本社会に解決の一石を投じる《自分ごと化対談》シリーズの第6弾です。今回は、「この割れ切った世界の片隅で」と題したnote記事が話題となった山邊鈴さんとの対談です。「分断」とは何か、「生きづらさとどう向き合うか」など盛りだくさんの内容となっています。ぜひご覧ください!

 

◆「何が日本の分断を生み出すのか」
山邊鈴氏(Wellesley College学生)×加藤秀樹(構想日本代表)

 

 

◆チャプター
1. 日本に広がる「分断」とは何か
2. 「新しい資本主義、成長と分配で格差を縮められるのか」
3. 「日本の生きづらさと、私たちはどう向き合うか」
4. 「この世界に生きていたいと思える“哲学”」

 

◆ゲストプロフィール
山邊鈴氏
2002年、長崎県諫早市生まれ。中学生の頃から国内外の格差や貧困に関心を持ち、学生団体の設立や途上国の取材活動を通じて活動。高校2年次には1年間インドに留学。カースト制度に対する問題意識から、スラム街の子どもたちをモデルにしたファッションショーを開催する。帰国後国内の分断への危機感から執筆した記事 「この割れ切った世界の片隅で」をきっかけに、数々のメディアに出演。2021年秋より米国ボストンにある女子大Wellesley Collegeに進学。経済学を専攻し社会保障について学んでいる。

 

◆自分ごと化対談、過去の回はこちらから