その他

『大災害時代、千葉に学び、全国に生かす』-第254回J.I.フォーラム実況ツイート-

その他

12月24日 「大災害時代、千葉に学び、全国に生かす」をテーマにJ.I.フォーラム
(第254回)を開きました。

千葉県は、今年たて続けの台風で甚大な被害を受けました。

これまで災害が少なかった地域、逆に災害が多いから念入りに対策をしてきた地域、どちらも、これまでの常識で対応できなくなっています。

そこで、千葉県下で被災の時から現場で奮闘してきた自治体職員、民間企業の社長など4名の方と、内閣府の防災担当副大臣の平将明氏、広島県三原市で先進的な地域防災の活動をしている佐木学氏をお招きし、「現場では何が起きていたのか」「課題は何だったのか」「今後、市民、地域、行政それぞれで生かせることは何か」などについて議論しました。

フォーラム登壇者:(敬称略)

  • 平 将明(内閣府 防災担当副大臣・衆議院議員) 
  • 石井 秀征(鴨川市 経営企画課 課長補佐 兼 総務課 台風被害復興室長) 
  • 熊井 成和(館山市 健康福祉部長)
  • 鈴木 航太(富津市 総務部資産経営課資産経営係 係長)
  • 鈴木 裕士(富洋観光開発株式会社 代表取締役) 
  • 佐木 学(三原市まちづくり戦略検討会議委員・小坂町 防災会会長)

フォーラムの詳細はこちら

以下は、フォーラム当日のディレクター伊藤による実況ツイートです。雰囲気を感じてください。

【構想日本 総括ディレクター伊藤伸による実況ツイート】