メールマガジン

【No.580】オープンガバメント時代の幕開け

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.580 2012.11.22発行

オープンガバメント時代の幕開け

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

【1】 オープンガバメント時代の幕開け 構想日本 代表 加藤 秀樹

【2】 第183回J.I.フォーラム 11月26日(月)開催

【3】 継続は力! 事業仕分け 今週末は「山県市」「北杜市」で実施

【4】 「構想日本 事業仕分け」Facebookページを開設!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 オープンガバメント時代の幕開け
構想日本 代表 加藤 秀樹
――――――――――――――――――――――――――――――――

行政刷新会議の「新仕分け」が16日から18日まで実施された。
衆議院が解散したため、現内閣ではこれが「ラスト仕分け」だ。

今回の仕分けの最大の特色は、傍聴をネット中継に限ったことと、
議論に対するツイッター上の意見や「判定」を会場にフィード
バックしたことだ。この試みは画期的だった。

ネット視聴者は中継を行ったユーストリームとニコニコ生放送を
合わせると3日間で40万人を越えた。
またツイッター上では、蓮舫参議院議員を始め多くの人が参加し、
仕分けの議論やレビューシートの記載内容について、白熱した議
論が行われた。ツイート数は約1万件、ニコニコ動画コメント数
は、約18万件にのぼった。
さらに、それらのコメントが会場でジャーナリストの津田大介氏
や速水健朗氏、古市憲寿氏によって紹介され、昼休みの時間には
各氏が中心になり政治におけるインターネットやツイッターの
活用方法を議論した。具体的な事業や予算について国民と政治家
が直接、双方向でのやり取りを行うことの世界初とも言える実験
が行われた。

ツイッターでのコメントも一日目、二日目と進むにつれて、内容
の濃いものとなっていった。さらに、会場での議論の材料である
レビューシート(国の事業ごとの説明資料)を引用したツイート
も多く登場した。また、ツイッター上でアンケートをとったとこ
ろ、仕分け会場での結論(仕分け結果…「廃止」「大幅に見直し」
など)とかなり共通するものになったことも注目される。

「新しいオープンガバメントの実践という政治文化は浸透、定着
させないといけない。」
初日に会場を視察した野田総理大臣も、記者団に対してこう強調
した。

今回を含めて6回の仕分けの最大の成果は「仕分けのしくみ」が政
治、行政の中に定着しつつあることだ。
ニコニコ生放送が行ったアンケートでは、仕分けを視聴した国民
の8割以上がこのようなオープンガバメントの取り組みについて、
さらに9割以上がレビューシートの作成などについて、その意義を
認めている。また3日間の最後に行った「『仕分け』を仕分ける」
トークセッションについては「良かった」という答えが93%に
のぼった。

このようなオープンガバメントに向けた動きと、その「しくみ」
(レビューシートの公表や仕分けの議論など)が混乱する政局の中
で潰されることのないよう、私たちはよく見張ってないといけない。
日本の政治の混迷に終止符を打つには、国民が政治の主役となって
「動く」しかないし、また「動ける」道具を手に入れたのだ。
そういう意味で、奇しくも衆議院の解散と重なった「ラスト仕分け」
初日は「オープンガバメント」スタートの日という記念すべき日と
なったと感じた。

—————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下
に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/mail/index.php

※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書
きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドル
ネームをご希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀
損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。
—————————————————————-

【2】 第183回J.I.フォーラム 11月26日(月)開催
――――――――――――――――――――――――――――――――

「政治」の外から政治が変わる
― 仕分け、ツイッターが作るオープンガバメント日本 ―

「オープンガバメント」はオバマ大統領が最初の選挙の時に使った
言葉だという。日本では日々新しい政党のことが報道されるが、
その背後でオープンガバメントに向けた大きなうねりが感じられる。
事業仕分けによって、日本の政治は一気にオープンガバメント化の
トップランナーになった。そこにソーシャルメディアが加わった。
日替わり政党とそれを追うことに終始している既存メディアを尻目に、
国民誰でもが「政治の中身」に直接参加できるのだ。
「一般意志2.0」の可能性を説く東氏と、自治体そして消費者行政の
最前線で奮闘し続けてきた福嶋氏に日本の政治の可能性について熱く
語って頂きます。

○日時: 平成24年11月26日(月)
午後6時30分~午後8時30分(開場:午後6時00分)
※以前お伝えしていた日程から変更になりましたのでご注意下さい。
【変更前】11月29日(木) → 【変更後】11月26日(月)

○会場: 日本財団ビル2階・大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

※セキュリティの都合上、本案内状を会場1階で提出して下さい。

○ゲスト: 東 浩紀(株式会社ゲンロン 代表取締役)
福嶋 浩彦(中央学院大学教授/前消費者庁長官)

コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本 代表)

○主催: 構想日本

○定員: 160名

○フォーラム参加費: 2000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)

○懇親会参加費: 4000円
ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「ビストロ ボンファム」 港区赤坂1-3-13 TEL 03-3582-0200
(初めてのお店です、お間違えのないように)
http://www.bonne-femme.jp/index.htm

※懇親会をキャンセルされる場合は必ずご連絡下さい。
直前のキャンセルの場合、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
参加ご希望の方は、【11月26日(月)午前中まで】に出欠の是非を、
下記のメールアドレスにお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org

お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
※懇親会直前キャンセルの場合は、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
*今後のスケジュール等、詳細はHPをご覧下さい。
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/forum/index.php
—————————————————————

【3】 継続は力! 事業仕分け 今週末は「山県市」・「北杜市」で実施
――――――――――――――――――――――――――――――――

○山県市(岐阜県)◇

【日程】 平成24年11月23日(金[祝])・24日(土)
※入退室自由。

【会場】 山県市役所 3階 大会議室 (岐阜県山県市高木1000番地1)

【対象事業】 12事業

【参加者】 事業説明者:山県市職員
コーディネーター、仕分け人:構想日本事業仕分けチーム、山県市民
市民判定人:山県市民(無作為抽出)

【連絡先】 企画財政課
電話:0581-22-6825 (岐阜県山県市高木1000番地1)

○北杜市(山梨県)◇

【日程】 平成24年11月24日(土)・25日(日)各日9:00~17:15[予定]
※入退室自由。

【会場】北杜市役所 本庁舎3階 大会議室 (山梨県北杜市須玉町大豆生田 961-1)

【対象事業】 未定

【参加者】 事業説明者:北杜市職員
コーディネーター、仕分け人:構想日本事業仕分けチーム、北杜市民
市民判定人:北杜市民(無作為抽出)

【連絡先】 企画課
電話:0551-42-1321 (山梨県北杜市須玉町大豆生田 961-1)

*詳細は構想日本の事業仕分けサイトよりご覧下さい!
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/shiwake/contribution/index.php

◇印がついている自治体は「市民判定人方式」での実施となります。

【4】 「構想日本 事業仕分け」Facebookページを開設!
――――――――――――――――――――――――――――――――
事業仕分けのFacebookページを開設いたしました。
事業仕分けに関する様々な情報を発信していきます。

http://www.facebook.com/shiwake

ぜひご覧いただき、「いいね!」を押してください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届けする無料
のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させてい
ただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方に配信
しています。
◆登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご
連絡いただくか、 http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/mail/regist.php
で手続きして下さい。
◆転載する場合は下記までご一報下さい。
info@kosonippon.org
◆構想日本の書籍の詳細はこちらです。
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/books/index.php
◆政治家アンケート等、「政治家・政策データベース」はこちらです。
http://db.kosonippon.org/
◆みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動
に関わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/
Copyright(C) 1999-2012 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□