メールマガジン

【No.601】議員活動は「聞く」ことから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.601 2013.05.02発行

議員活動は「聞く」ことから

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

☆★ 構想日本のFacebookページ 「いいね!」1万人運動開始 ☆★
「自治体決算カードの見方解説」連載中
https://www.facebook.com/shiwake

【1】 議員活動は「聞く」ことから
東京・羽村市議会議員  山崎 陽一

【2】 第189回J.I.フォーラム 5月27日(月)開催

【3】 「加藤、伊藤が伺います!」

【4】 代表加藤によるYahooニュース記事を更新!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】議員活動は「聞く」ことから
東京・羽村市議会議員  山崎 陽一
――――――――――――――――――――――――――――――――

カメラマンから市議会議員へ。60歳の転進は突然だった。
住んでいる東京都羽村市で「広い道路を造るため、総事業
費355億円で1,000戸の家を取り壊したり移動する」という
区画整理事業が計画され、多くの住民が反対運動を続けて
いた。その仲間から議員を出したいと、私に声がかかった
のだ。
実質1ヶ月の選挙運動だったが幸いにも滑り込めた。
議員になり、報道カメラマンとの共通点が多いことに気
がついた。

当時、私は「週刊朝日」委嘱カメラマンとして「うちの
ヨメ賛~縁あって父娘」という著名人家族の連載を27年間
担当。他のグラビア企画にも参加していた。テーマ設定の
基本は各地でおきる問題への着目だ。問題を予め調査し、
現地を訪ねて関係者の話を聞き共に考え、解決策を紙面化
する。同様に、議員の役割も地域の課題を住民と話し合い、
議会の一般質問で解決策を問い正す。これが市政のチェッ
クや市民福祉向上に繋がると考えている。また、メディア
の基本は権力に対する批判精神。二元代表制の自治体では
執行機関に対する批判の視点が欠かせない点でも同様だ。

いうまでもなく、市議会は市の最高意思決定機関だ。年
4回の定例会で、約100本の議案を審議する。予算・決算審
議では500ページ近い資料から問題事業を抽出。必要性、
達成目標、費用対効果を精査し判断する。歳入財源の種類、
歳出は教育、福祉、建設など幅広い分野に及ぶので財政分
析研修会に参加して勉強した。構想日本の「JIフォーラム」
もタイムリーな企画で参考になっている。議員になって間
もない頃「妊婦無料検診を2回から4回に変更」という予算
案が出た。まったくの門外漢だ。インターネットで調べ、
若いお母さんの話を聞き、資料を読んで「事業仕分けシー
ト」に書き込むと、財源に基地再編交付金が含まれている。
使途限定で、毎年増減する特定財源だ。これはおかしい。
安定した一般財源をあてるべき、と指摘した。

報道写真家と議員、「二足のわらじ」活動6年目。市民派
議員として、あらゆる議案に向き合い判断する。「これ
ほど知的好奇心を刺激する仕事は無い」というのが実感
である。

――――――――――――――――――――――――――――――
東京・羽村市議会議員  山崎 陽一 (やまざき よういち)

1946年長野県上田市生まれ。東京写真短大卒。「週刊朝日」
委嘱カメラマンを経て、羽村市議会議員2期目。
著書に「最新日本結婚事情」(朝日新聞社)、「課長推薦
この料理」(新潮社)など。構想日本会員。

—————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下
に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/mail/index.php

※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書
きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドル
ネームをご希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀
損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。
—————————————————————-

【2】 第189回J.I.フォーラム 5月27日(月)開催
――――――――――――――――――――――――――――――――

「施設仕分け」で公共施設の最適化を!!
~総論賛成、各論反対の中での合意形成の仕組みづくり~

戦後50年間、日本の公共施設つまりハコモノは世界最高のペース
でつくり続けられました。笹子トンネルにみられるように、今や
それらの老朽化が進み、耐震化、省エネ化、バリアフリー化など
の対応にも迫られています。さらに人口移動や、市町村合併に伴
う施設の再配置の検討も必要です。
公共施設の見直しは、住民が安いコストで、安全に、使いやす
くするためのものですが、様々な利害も伴います。
そこで、構想日本は、事業仕分けで培ったノウハウを生かして
「施設仕分け」を提唱しています。これは、住民参加による公共
施設再配置のための合意形成の手法です。公共施設の見直し先進
地の浜松市の事例を含め、公共施設の将来のあり方などについて
議論します。

○日時:5月27日(月)18時30分~20時30分(開場18時)

○会場:日本財団ビル2階・大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111
(http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/)

○ゲスト:鈴木 康友(浜松市市長)
福嶋 浩彦(中央学院大学教授/前消費者庁長官)他

コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本 代表)

○フォーラム参加費 :2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)
懇親会参加費   :4,000円

○懇親会: 「頤和園(いわえん)溜池山王店」
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531
(http://www.iwaen.co.jp/)

※詳細、お申し込みはこちらから
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/forum/detail.php

—————————————————————
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。    TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
—————————————————————

【3】「加藤、伊藤が伺います!」
――――――――――――――――――――――――――――――――

仕分けやその手法の活用について詳しく相談したい…、
国の制度や霞ヶ関、永田町の動きについて話を聞きたい…、
これからの日本について熱く語り合いたい…、などなど
話を聞きたい、議論したいという方には加藤、伊藤が出張
講演いたします。
10人程度集まれば、どこでも、加藤か伊藤が伺います。

※ お問い合わせは、
TEL 03-5275-5607(田中)まで。
—————————————————————-

【4】代表加藤によるYahooニュース記事を更新!
――――――――――――――――――――――――――――――――

代表加藤秀樹が、Yahooニュースにオーサーとして投稿している
記事が更新されました。ぜひ御覧ください。

◆4月24日

「景気・改革・シンクタンク」

http://bylines.news.yahoo.co.jp/katohideki/20130424-00024551/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届けする無料
のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させてい
ただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方に配信
しています。
◆登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご連絡
いただくか 以下のURLにて手続きして下さい。
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/mail/regist.php
◆転載する場合は下記までご一報下さい。
info@kosonippon.org
◆構想日本の書籍の詳細はこちらです。
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/books/index.php
◆みなさんの個人情報は構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に
関わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/
Copyright(C) 1999-2013 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□