メールマガジン

【No.656】HAPPYと暮らそう!~犬吠WAONカードで、人に、街に、元気をチャージ!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.656 2014.05.29発行

「HAPPYと暮らそう!~犬吠WAONカードで、人に、街に、元気をチャージ!」

NPO法人 国際教育推進プロジェクトBeCOM 代表理事
銚子市行財政改革審議会委員           西田 美樹

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

【1】<巻頭寄稿文>

「HAPPYと暮らそう!~犬吠WAONカードで、人に、街に、元気をチャージ!」

NPO法人 国際教育推進プロジェクトBeCOM 代表理事
銚子市行財政改革審議会委員           西田 美樹

【2】<お知らせ>

(1)第201回J.I.フォーラム  6月24日(火)開催

「女性の視点、パワー、これです。」

(2)構想日本× PHP総研

「現場みらい塾」~地域のリーダー育成プログラム~

(3)Yahoo!ニュース記事更新情報!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】「HAPPYと暮らそう!~犬吠WAONカードで、人に、街に、元気をチャージ!」

NPO法人 国際教育推進プロジェクトBeCOM 代表理事
銚子市行財政改革審議会委員           西田 美樹

―――――――――――――――――――――――――――――――
平成22年2月、銚子市に「犬吠WAON」カードが誕生しました。これは、イオン銚子ショッピングセンター(現イオンモール銚子)出店に伴い締結された、銚子市とイオン(株)の包括提携協定の一環で発行されたもので、その利用金額の0.1%が銚子市に寄付される地域貢献型の電子マネーです。

寄付金は、平成22年度分の約211万をスタートに、毎年300万円を超えており、平成25年度末での累計寄付金額は12,652,032円となりました。

私共NPO法人BeCOM(ビーコム)では、同年7月に犬吠WAONカードを、地域で展開するための代表加盟店契約を結び、地域の独自性を徹底して加味することにこだわり、街なかの既存店舗でもカード決済を可能とすることからはじめました。「大型店舗の出店に伴う既存店舗の衰退」と語られがちな図式を、「売り手よし、買い手よし、地域よしの三方よし」を具現化した、住民総参加型のまちづくり事業にも結びつけようとチャレンジを続けています。

具体的には、カードが持つ機能を活用して、既存店舗でのお買い物の際にのみ貯まる地域通貨「すきくるスター」をつくり、地域の共通ポイントとすることで市内の店舗同士の力が合わさり、新しいつながりと力が生まれるようにしました。さらに、この通貨をお得な割引ポイントとしてのみPRするのではなく、地域貢献活動に対して自分の意思で選択して寄付もできることを同時に伝え、市民活動の財源となることを目指しています。

産業構造、人口構成がまさに日本の縮図のようであり、ごく近い未来の日本の姿が、今ここに存在していると言われる銚子市ではじまった小さなNPOの挑戦は、基礎自治体における市民、行政の役割や関係性の見直しとも重なります。

サービスの開始から丸4年が過ぎ、毎月の地域通貨の流通数を『銚子商工会議所報』に、「地域通貨すきくるスターを貯めよう!使おう!」の呼びかけを『広報ちょうし』に、それぞれ毎月掲載いただけるようになりました。

独自に開発した地域通貨「すきくるスター」の寄付ができる端末は、銚子市役所、すきくるステーション(NPO法人BeCOM事務局内)に加え、昨年末から銚子信用金庫、銚子商工信用組合各5店舗、計12か所に設置していただき、誰もが身近にまちづくりを自分事にできるインフラがようやく整いつつあります。

タイトルの「Happyと暮らそう!」はWAONカードのキャラクター犬「HAPPY」と、本来の「幸福に」という意味をかけたこのプロジェクトのスローガンです。

今後、多様な立場の個人・組織・団体が、犬吠WAONカードをコミュニケ―ションツールとしてつながりながら、思いがけない発見や挑戦が生まれる街になっていくこと。それはきっと、この街に暮らす一人ひとりの中にHappyが生まれ続けることにつながるかもしれないと。そんな風に思える今日この頃です。

*すきくるスター・・平成17年度よりBeCOMが運営する「銚子ポータルサイトすきっちょ
くるっちょ」(好きでしょ?銚子、来るでしょ?銚子の略称)の呼称「すきくる」から命名。

――――――――――――――――――――――――――――――――
西田 美樹(にしだ みき)

語学留学後、地元千葉県銚子市で児童英語教室を主宰。2001年、コミュニケーション力による人材育成と地域課題解決を活動テーマとするNPO法人BeCOMを設立。銚子市との協働事業「銚子市チャレンジショップ事業」(2003年度~2007年度)ICT事業「地球とギュっするHugNet」(2003年度~2007年度)で2006年経済産業大臣賞。「COM杯英語・日本語スピーチ大会」(2001年度から継続)「こども日本語暗唱教室」(2008年度から継続)「銚子ポータルサイトすきっちょくるっちょ」を活用したまちづくり事業「すきくるプロジェクト」(2005年度から継続)犬吠WAONカードの取り組みもこのプロジェクト内で展開。2012年度から、大学生インターンシップの受け入れと高校生のまちづくり参画事業「わたしが住みたい!あしたの銚子」プロジェクトをスタート。

YouTube 銚子ポータルサイトすきっちょくるっちょ 「すきくるプロジェクト」動画集

ウェブサイト お店紹介の新しいカタチ「じぶんものがたり」
http://www.sukikuru.net/cdb/modules/tinyhelp10/index.php?id=169

——————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています。(800字以内でお願いします)
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/mail/index.php

※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドルネームをご希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。

☆これまでのメルマガはこちらからご覧いただけます。http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/mail/index.php

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【2】(1)第201回J.I.フォーラム  6月24日(火)開催
――――――――――――――――――――――――――――――

「女性の視点、パワー、これです。」

今回お話していただく4名の方をはじめ、企業、社会で大活躍している女性は大勢います。もっと地味な、しかし重要な働きをしている女性はさらに多い。政府は「2020年までに管理職の30%を女性に」とはっぱをかけています。これには、大いに結構という声と、戸惑いが相半ばしています。
女性が十分力を発揮し、幸せに感じ、社会のパワーアップになる。それはどんな世の中なのか。何をしないといけないのか。構想日本の不得意分野です。ゲストと参加者全員に大いに語っていただきたいと思います。

○日 時 : 平成26年6月24日(火)18:30~20:30(開場18:00)

○会 場 : 日本財団ビル2階 大会議室  港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111
※会場のセキュリティの都合上、本案内状を会場1階で提示してください。

○ゲスト :
・岸紅子(NPO法人日本ホリスティックビューティ協会 代表理事)
「姿・体・心」のバランスの大切と調整法を伝えている

・木村利惠(エアハース・インターナショナル株式会社 代表取締役社長)
海外で亡くなった方の遺体を搬送、遺族のもとに届ける(国際霊柩送還士)

・田澤由利(株式会社テレワークマネジメント、株式会社ワイズスタッフ 代表取締役)
場所や時間に縛られない柔軟な働き方を提案している

・福井泰代(株式会社ナビット 代表取締役)
地下鉄ホームにある「のりかえ便利マップ」の考案者

○定 員 : 160名

○参加費 : 一般 2,000円 / 学生 500円 (シンクネット・構想日本会員は無料です)
※学生の方は受付にて学生証をご提示ください。

○懇親会参加費 : 4,000円(ご希望の方は下記懇親会参加に○をつけてください)

※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

※ フォーラムへの参加はHPのフォームから、もしくはこのメールにご返信をお願いします。
( http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/forum/regist.php?m_forum_cd=325 )

——————————————————————-

(2) 構想日本× PHP総研
「現場みらい塾」~地域のリーダー育成プログラム~

地域の課題が複雑化、高度化している中、現場を担う自治体職員の役割は更に重要になっています。地域の様々な課題を「自分事」として捉え、解決のために自らの頭で考え、行動する地域のリーダーとしての自治体職員を育成する。それがこのセミナーの目的です。
PHP総研と共同でカリキュラムを作成しています。2つのシンクタンクがこれまで蓄積してきたノウハウが詰まっています。是非ご参加ください!

○日 時 :【第1回】平成26年6月21日(土)22日(日)
【第2回】平成26年7月 5日(土) 6日(日)
【第3回】平成26年7月26日(土)27日(日)
※いずれも土曜日13時~18時、日曜日9時半~15時半
※各回のみのご参加も可能です。ご相談ください。

○場 所 : 各回、PHP研究所 2階ホール (東京都千代田区一番町21一番地 東急ビル)

○定 員 : 50人

○参加費 : 3万円(食事、宿泊費別)

○主 催 : PHP総研、構想日本

○講師(予定):野村総合研究所 山口高弘氏、中央学院大学 福嶋浩彦氏、厚木市総務部次長 小瀬村寿美子氏、PHP総研主席研究員 熊谷哲氏、総務省地域政策課長、元京都府副知事 猿渡知之氏、足立区総務部長 定野司氏、構想日本代表 加藤秀樹、構想日本ディレクター 伊藤伸。

○参加申し込み:PHP総研ホームページ( http://research.php.co.jp/event/2014/06/21.php )よりお申し込みください。

お問い合わせは PHP総研:今井 TEL 03‐3239‐6222  構想日本:伊藤/田中 TEL 03‐5275‐5607 まで

——————————————————————-

(3)代表加藤、ディレクター伊藤のYahoo!ニュース記事更新情報!
――――――――――――――――――――――――――――――

代表加藤秀樹、ディレクターの伊藤が、Yahooニュースにオーサーとして投稿している記事が更新されました。ぜひ御覧ください。

代表 加藤秀樹

◇5月2日『新国立競技場の建て替えは将来世代に誇れることなのか』
http://bylines.news.yahoo.co.jp/katohideki/20140502-00035003/

ディレクター 伊藤 伸

◇4月10日『理研とスパコン ~今だからこそ、あの時の仕分けを振り返る~』
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itoshin/20140410-00034401/

◇4月22日『理化学研究所「一般公開」潜入記 ~理研にある2つのスパコン~』
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itoshin/20140422-00034692/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届けする無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方に配信しています。
◆登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご連絡いただくか 以下のURLにて手続きして下さい。
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/mail/regist.php
◆転載する場合は下記までご一報下さい。 info@kosonippon.org
◆構想日本の書籍の詳細はこちらです。 http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/books/index.php
◆みなさんの個人情報は構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
◆掲載内容等に関するお問い合せは、TEL 03-5275-5607まで。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/
Copyright(C) 1999-2014 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□