メールマガジン

【No.110】寄付税制の改革を目指して

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
寄付税制の改革を目指して
JIメールニュースNo.110  2003.8.22
窓口はこちら! info@kosonippon.org
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■■ 目次 ■■

《NPO、公益法人改革》寄付税制の改革を目指して
~ 賛同署名のお願い ~
構想日本代表  加藤 秀樹
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

《NPO、公益法人改革》寄付税制の改革を目指して
~ 賛同署名のお願い ~
構想日本代表  加藤 秀樹
みなさん、夏休みはいかがですか?  少し前のことになりますが、
政府が昨年来、進めてきたNPO、公益法人制度改革の閣議決定「公益法人制
度の抜本的改革に関する基本方針」がようやく6月27日、発表されまし
た(詳しくは、 http://www.gyoukaku.go.jp/news/h15/news0627.html
でどうぞ)。その主旨は、
●法人設立と税等の優遇措置を分離し、「公益性」の有無に関わらず準則
主義(登記)で非営利法人が設立できる制度を創設する
ことです。ともかくも、「登記」により自由に設立できる「非営利法人制
度」の検討がスタートしたと言えるでしょう。
一方、法人制度と並んで重要な寄付税制の改革については、ほとんど議
論が行われていません。お年寄りの世話、子育て、環境問題、まちおこし、
伝統芸能、芸術など、様々な分野で活動しているNPOや公益法人にとり、
寄付は大切な活動資源です。しかし、現在の制度では、個人の寄付に税金
がかからないのは、寄付をする先が、まず、
(1)公益法人かNPO法人であること
さらに、
(2)その中でも特に、国が認めた「特定公益増進法人」か「認定NPO法
人」であること
という2重のハードルがあり、これをクリアできる法人はわずかです。
構想日本は1997年4月の設立当初より、さまざまな団体と連携しな
がらNPO、公益法人制度改革にかかわる提言活動を続けています(詳しくは、
http://www.kosonippon.org/prj/c/?no=08 でどうぞ)。
今日は、そのひとつの紹介とお願いです。「エンジン01(文化戦略会
議)」は、様々な分野の人たちの集まりで、欧米のように寄付免税の充実
で音楽や映画、科学、スポーツなどを盛んにし、日本を元気にしていこう
とボランティアで活動を行っています。(詳しくは、以下でどうぞ
http://www.enjin01.org/index_frame.html )
その一環として、寄付免税の大幅な拡充を求める賛同署名を募り、政
府・国会に対して寄付税制の改革を働きかけています。これまで、こうし
た運動に積極的に関わる機会が少なかった文化、スポーツ分野の団体が、
福祉、環境など他の分野のNPO、公益法人と連携しつつ、「現場の声」に
根ざした改革を目指すことは、画期的なことです。
構想日本は、その橋渡し役を務めたいと思っています。
このような「エンジン01」の運動に対し、現在、非営利活動にご理解
の深い多くのみなさんから、幅広く署名を募っています。みなさんから
頂いたご署名は、「エンジン01」から小泉首相、塩川財務大臣を始め、
財務省主税局、与党税制調査会などへ要望書として届ける予定です。
寄付免税の拡充によって寄付をする人が増えれば、非営利活動が活性化
し、社会全体にとり大きなプラスとなります。
ぜひ、こうした運動の機会を利用して、非営利活動にいそしんでいる
NPO、公益法人が活躍できる社会を実現させていきましょう。
今回の公益法人改革は、寄附税制改革にとっても貴重なチャンスです。
一人でも多くのみなさんにご署名頂きますようお願い致します。

〓  〓  〓  〓  〓  〓  〓  〓  〓  〓  〓

エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議は賛同署名を呼びかけます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「寄付」をしやすく、されやすく
自分たちでイキイキとした世の中をつくろう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内閣総理大臣 小泉純一郎 様
財務大臣  塩川正十郎 様
行政改革・規制改革担当大臣 石原伸晃 様

1. 趣旨
文化・スポーツ・教育・福祉・環境など世の中の公共的な活動を「官=
行政」に任せるだけではなく、民間の団体などが担う流れが急速に進んで
います。
現在、政府・与党が進めている公益法人改革を機に、寄付税制の抜本的
な改革を行うことによって、「公共的な活動を民が担う」仕組みを整備す
ることが今後の日本の経済、社会の発展に不可欠です。
2. 制度改革の要望
(1) 寄付免税の抜本的な拡充
現在、個人の所得控除の対象となる団体は「特定公益増進法人」「認定
NPO法人」など税務当局に認められたごく一部です(社団、財団、NPOで
900余)。これを、単なる条件の緩和ではなく、「公益性」の判断の基
準を透明化し、独立の第三者機関で認定するようなルールをつくるなど、
対象が数万規模に拡大しうるような、思い切った制度改革を行うこと。
(2) その前提条件としての「非営利法人制度」の創設
現在、公益法人、NPO法人、中間法人など細分化されている制度を、非営
利法人を準則主義で設立できる制度に改めること。
エンジン01文化戦略会議
幹事長     三枝成彰
税制委員会委員長 加藤秀樹

上記趣旨に賛同いただける方は、エンジン01文化戦略会議のホームペー
ジ http://www.enjin01.org/index_frame.html で署名用紙をダウンロー
ド、ご署名の上、FAXまたは郵送で以下へご返信ください。
<連絡先> エンジンゼロワン01文化戦略会議
事務局: 西山恭子、鈴木由美子
〒102-0075 東京都千代田区三番町5-19 第36興和ビル3F
TEL:03-3265-2169   FAX:03-3265-1629
suzuki@enjin01.org
http://www.enjin01.org/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆メールをお待ちしています!
1)お名前:(掲載する場合はイニシャル表記にします)
※匿名、ハンドルネーム使用、不掲載をご希望の場合は明記下さい。
2)肩書き:(掲載可能なもの)
3)メールアドレス:(非公開)
4)メッセージ:(適度に改行を入れて下さい)
◆構想日本メールニュースのご購読は下記のアドレスから。
http://www.kosonippon.org/mailnews/
◆配信の停止やアドレス変更は、 news@kosonippon.org にご連絡願いま
す。
◆構想日本メールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の最新
情報をお届けする無料のメール配信サービスです。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
週刊JIメールニュース  発行:構想日本 発行責任者:加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2002 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛