メールマガジン

【No.185】「医療事故」と「患者の不安や不満」から問題整理

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
「医療事故」と「患者の不安や不満」から問題整理
JIメールニュースNo.185  2005.2.10
窓口はこちら! info@kosonippon.org
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■■ 目次 ■■
1.《「医療事故」と「患者の不安や不満」から問題整理》
2.《政治とカネ》
3.《第92回「J.I. フォーラム」のご案内》
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.《「医療事故」と「患者の不安や不満」から問題整理》
構想日本政策スタッフ
金野 桂子
病気になった時、どの病院に行けばいいのか迷ったり、医師に対して
不安を感じたり、医療費が思いのほか高いと感じた経験は誰にでもある
のではないでしょうか。
例えば最近、こんな話を聞きました。Nさんは、ガンを発病し大学病院で
手術を受けました。術後、順調に回復し退院。しかし、その後3週間お
きに抗がん剤の治療のため、その都度1週間ぐらいの入院が必要でした。
Nさんは病院に対し、大部屋での入院を希望していることを伝えました。
ところが、入院2~3日前になったとき、病院から大部屋は空かないから、
差額ベッド代が必要な部屋になるとの連絡を受けました。Nさんは、大部
屋が用意できないのは病院の都合だし、必要な治療のための入院なのに
何故支払う必要があるのか納得がいきませんでした。しかし、連絡が入
院直前ということ、他の病院への転院を考えてもどんな手続きなどが必
要か調べる精神的余裕がないこと、また、そのために治療が遅れること
などで、結局その病院に入院、差額ベッド代1日約7千円を入院日数分
支払いました。Nさんは、このような対応や、相談した時の医師や看護師
の対応などに不満を感じたとのことです。
なお、厚生労働省によれば、このような場合、差額ベッド代制度上請求
できる、病院によりその対応には違いがあるということです。
最近、医療に対する不満に加え、医療事故の多発や医療保険財政の赤字
など医療全般の信頼が揺らいでいます。
その背景には、保険制度、病院経営、医療従事者教育(医師、看護師な
ど)などの問題が複雑に絡み合っています。そのため、なかなかどこに
問題の本質があるのか迫ることができません。まず何をどのように変え
ていくことが必要なのか国民にとって分かり難い問題でもあります。そこ
で、構想日本は、なにが「医療事故」や「患者の不安や不満」を招いてい
るのか、医療の仕組みや様々な問題を整理してみました。詳しくはホーム
ページでご覧下さい。以下、その内容を簡単に紹介します。
● 患者の実体験上の不安や不満から医療を探る
一体どのような時どのようなことに患者は不安を感じているのでしょう
か。厚生労働省の「医療サービスにおける患者満足度調査」を参考に患
者の行動、その時の不満や不安の状況を見ていきます。
図1 http://www.kosonippon.org/prj/med/think/fuan.html
●医療事故の事例から医療の問題を探る
マスコミ等にも取り上げられるような大きな医療事故の事例を取り上げ、
できるだけ事実に基づいた情報を基に、その背景にある問題(原因と結
果)を見ていきます。
図2 http://www.kosonippon.org/prj/med/think/kago.html
●今後の取り組み
医療制度改革の基本は、国民(患者)がいかに安心していつでも医療
サービスを受けられるようにすることにあります。今回の整理で明らか
になった問題点を踏まえ構想日本は、これらの解決策を具体的に提言す
る予定です。
是非、皆さんが疑問に感じていることなど医療現場での具体的な経験
も含めご意見をお寄せ下さい。
「医療ホームページ」をリニューアルしました。
医療に関するご意見を募集中です。
http://www.kosonippon.org/prj/med/
≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡
2.《政治とカネ》
●4党首の政治資金の合計、党幹部/閣僚/NCメンバーの政治団体の
合計数を初調査! http://www.kosonippon.org/doc/?no=198

政治不信の根源は、「政治とカネ」の不透明感にあります。今度こそ、
小手先の改正ではなく、「情報公開」を徹底する仕組みに変える時です。
構想日本は、議論喚起の材料として、各党首の「連結収支(カネの出
入りの合計)」を公表しました。さらに次のステップに向け、各党幹部、
閣僚、民主党「次の内閣」メンバー総勢43名の政治団体の数も調査しまし
た。是非、ご覧ください。
大事なことは、まずお金の流れの全体像を明らかにすること。構想日本
は、徹底した「情報公開」の実現に向け、今後もいろいろと手を打ってい
きます。
≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡
3.《第92回「J.I. フォーラム」のご案内》

人づくりのしんどさと面白さ
-京大アメフト監督と人事コンサルタントが大いに語る-
——————————————————————-
人のしかり方、ほめ方、能力の引き出し方、人と人の組み合わせ方・ぶつ
け方などなど。人使い、人育て、チームづくり、組織づくりのプロお二人
をお迎えします。全く勝てないチーム京大アメフトチームを、4度の日本一
に導いた水野弥一氏と人事コンサルの桑畑英紀氏に、人、リーダー、チー
ムなどについて、タテ、ヨコ、ナナメあらゆる角度から語って頂きます。
——————————————————————
日 時:平成17年2月23日(水)
会 場:銀座ソニービル8階 ソミドホール
開 演:午後6時30分(開場:午後6時00分)
討論者: 水野 弥一(京都大学・アメリカンフットボール監督)
桑畑 英紀(マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティン
グ(株)取締役・次世代リーダー育成塾)
フォーラム参加費:2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料で
す)
懇親会参加費:3,500円
(ご希望の方は下記懇親会参加に○印をつけてください)
※ゲストを囲んで懇親会を開催いたします。事前申込のみ承ります。

—————————————————————–
参加ご希望の方は、2月22日までに出欠の是非を、下記のメールアドレス
にお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前
所属
ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
—————————————————————–
お問合せ:構想日本・西田(電話03-5275-5607)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆寄せられたご意見は「読者の声」として以下に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mailnews/log.html
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨をご意見などのメールに明記下さい。
また、氏名、肩書きは、特にことわり書きがなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記下さい。
◆構想日本メールニュースのご購読は下記のアドレスから。
http://www.kosonippon.org/mailnews/
◆配信の停止やアドレス変更は、news@kosonippon.org にご連絡願いま
す。
◆構想日本メールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の最新
情報をお届けする無料のメール配信サービスです。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
週刊JIメールニュース  発行:構想日本 発行責任者:加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2004 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛