メールマガジン

【No.188】「ウェブボランティア」の提案

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
「ウェブボランティア」の提案
JIメールニュースNo.188  2005.3.4
窓口はこちら! info@kosonippon.org
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■■ 目次 ■■
1.《「ウェブボランティア」の提案》
2.《J.I. Action Summary》
3.《第93回「J.I. フォーラム」のご案内》
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.《「ウェブボランティア」の提案》
withnet 尾崎暢彦

withnetは、「WITHママ」( http://withmama.info/ )という「産院・保
育情報が集まるサイト」を1都4県に100個運営する有限会社です。そ
れぞれの「WITHママ」のサイトは、その近くに住む現役の母親たちが
“パート”で管理人を務めます。
各地区の「WITHママ」には、子育てに関するさまざまな悩みが寄せられ
ます。たとえば、
「年明けは何日から保育園が始まるのか、聞き忘れました。電話しても、
今日からお休みなので、通じません。どなたか教えてください。」
また、働いていない母親たちの古典的な悩みである
「保育園に子どもを預けたいのですが、働いていなければ、子どもを預け
る資格がないのです。でも、仕事を探すには、保育園に預かってもらわな
いと、面接にすら行けないのです。」
という投稿も絶えることがありません。
各地区の「WITHママ」において、見ず知らずの人の質問に、善意や親切
心で回答が集まるという現象に、非常に注目しています。たとえば、
「WITHママ横須賀」のある掲示板では、「逆子の状態が直らなければ、一
週間後に帝王切開」を通告されたという母親の困惑の投稿があると、すか
さず面識のない他の母親たちから、
「今の時期でも逆子を直してくれるお産婆さんのことを母から聞いたこと
がある」
「もしかしたら、そのお産婆さんは、ここの事かも知れない」
などの返信投稿が続々と寄せられました。
この返信投稿をしてくれた母親たちは、困惑の投稿をした質問者の母親
とは、一面識もありません。しかし、まるで自分の事のように質問者のこ
とを心配し、いろいろな情報を提供してくれました。
このように、「WITHママ」では、子育てに悩む母親たちとベテランママ
たちが活発なやりとりを日々繰り広げています。インターネットの普及で、
ウェブが世間一般で広く活用される存在となりましたが、これに伴い、自
殺募集者を募ったり、小学生の殺人事件を引き起こしたりと、ウェブの負
の側面も、最近、クローズアップされています。しかし、見方を変えれば、
携帯電話と同様に、それだけ日常生活に影響を与えるツールになったとい
うことではないでしょうか? ツールである以上、その使い方に関しては、
正の部分も負の部分も含めて議論されるべき問題だと思います。
「WITHママ」は、「産院・保育情報」に特化したサイトなので、その
ジャンルにおいて、日夜、情報提供が行われています。withnetでは、こ
ういう情報を提供する行為は立派なボランティアだと判断し、「体を動か
すボランティアもあれば、ウェブで情報を提供することもボランティア」
という観点から、ウェブというツールの使い方のひとつとして、「ウェブ
ボランティア」という言葉の定着を目指しています。
≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡
2.《J.I. Action Summary》
■構想日本の2月の主な活動状況■

1.政治改革
(1)「政治資金規正法」改正
●改正の本質である「情報公開の徹底」に向けたキャンペーン(2/3)
http://www.kosonippon.org/doc/?no=198
・各党首の「連結収支」(収支の全体像)の公表(領収書等の添付
が必要ではない支出の割合を含む)。
・党幹部、閣僚、民主党「次の内閣」メンバーの政治団体の数の公表
(2)「公職選挙法」改正
●マニフェストを広め定着させるための提言(2/17)
http://www.kosonippon.org/doc/?no=224
・首長(知事、市町村長)選挙でも使えるようにするとともに、記載内容
や配布場所などに関する制限をなくす。
★東商「政治・行政改革推進委員会」で講演(2/15)
・衆/参議員の選び方、与党と内閣のあり方、政治とカネの問題の本質
など「政治改革」の課題について。
2.「三位一体」改革(国と地方)
●行政の仕事を具体的に見直すことの必要性をアピール
・国:「参議院決算委員会」で参考人説明(2/15)
-構想日本が実施してきた12の自治体の「事業仕分け」結果をもとに、
「決算検査」のあり方を考える切り口を提示。
・地方自治体:「埼玉県越谷市議会」で講演(2/1)、「ちば地域議員
フォーラム@千葉県白井市」で講演(2/5)

3.医療制度改革
●医療の問題点を整理(2/10にホームページに公表)
http://www.kosonippon.org/prj/med/
・「患者の不安や不満」、「医療事故発生のメカニズム」を切り口に、
制度上の問題を抽出。現在、提言を作成中
上記の他、「社会保障制度改革」、「農業政策」等の政策プロジェクト
が進行中。詳しくは、 http://www.kosonippon.org まで。

(文責:政策担当ディレクター 冨永朋義)
≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡
3.《第93回「J.I. フォーラム」のご案内》
もう一度歴史をよく見てみよう
-日本人の生き方、暮らしぶり-
——————————————————————-
神は細部に宿ると言います。古文書などを丹念に調べて歴史研究を行って
おられる磯田道史氏。
そこから、かつての日本人の生活や考え方が浮きぼりにされます。
これからの世の中を考えていくうえで、歴史に学ぶことはまだまだ多いと
思います。ところが、とかく、私たちはパターン化された「日本人論」
「日本型」にとらわれがちです。11人家族で生活感あふれる馬淵澄夫氏
との対談を通じて、私たちがまだ気づいていないかもしれない日本人の一
面について、何かを感じとって頂ければと思います。
——————————————————————
日 時 : 平成17年3月29日(火)
会 場 : 銀座ソニービル8階 ソミドホール
開 演 : 午後6時30分(開場:午後6時00分)
ゲスト : 磯田 道史(茨城大学助教授・『武士の家計簿』著者)
聞き手 : 馬淵 澄夫(衆議院議員)
主 催 : 構想日本
定 員 :160名
フォーラム参加費 :2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)
懇親会参加費   :3,500円
(ご希望の方は下記懇親会参加に○印をつけてください)
※ゲストを囲んで懇親会を開催いたします。
—————————————————————–
参加ご希望の方は、3月28日までに出欠の是非を、下記のメールアドレス
にお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前
所属
ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
—————————————————————–
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田まで。TEL 03-5275-5607
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆寄せられたご意見は「読者の声」として以下に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mailnews/log.html
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨をご意見などのメールに明記下さい。
また、氏名、肩書きは、特にことわり書きがなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記下さい。
◆構想日本メールニュースのご購読は下記のアドレスから。
http://www.kosonippon.org/mailnews/
◆配信の停止やアドレス変更は、news@kosonippon.org にご連絡願いま
す。
◆構想日本メールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の最新
情報をお届けする無料のメール配信サービスです。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
週刊JIメールニュース  発行:構想日本 発行責任者:加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2005 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛