メールマガジン

【No.231】10年目の課題

◇◇◇ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

JIメールニュースNo.231  2006.1.6発行
10年目の課題

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇◇
◆◆ 目 次 ◆◆
【10年目の課題】
*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
頂いたご意見は、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲
載しています。 http://www.kosonippon.org/mailnews/log.html
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【10年目の課題】
構想日本代表 加藤 秀樹
あけましておめでとうございます。
構想日本は今年で10年目を迎えます。この10年間は、政治、行政の世界も、
やはりリストラの時代だったと思います。橋本内閣の省庁再編から小泉内閣
の道路公団、郵政の民営化、そして規制改革、構造改革特区とメニューはず
いぶんと出てきました。しかし、政治的なポーズ先行で実質はあまり伴って
いません。
再編、民営化という言葉や省庁、公務員の数など分かりやすい事ばかりが
話題になり、その中身まで議論が行かないのはマスメディアの責任でしょう
が、ないものねだりをしても始まりません。また、日本くらい人口も経済規
模も大きく、なんだかんだいいながらも多くの人がまずまずの暮らしをでき
る国では、世の中のしくみを変えていくのには、ずいぶん時間がかかるのは
し方ないのかもしれません。
私は次のような理由でこれからの5~10年くらいが実質的な変化の時代だ
と考えています。
まず、小泉総理の快刀乱麻により自民党の秩序がすっかり変わり、これま
でと違い「政」の世界が動きやすくなったこと。第二に、国、地方ともにと
ことんお金がなくなっていること。第三に、未熟なままのグローバル化、市
場化の弊害が目立ってきたこと。
構想日本はこの9年間で法案、国会決議、閣議決定などかなりの数の政策
を実現してきました。コスト・パフォーマンスで見ればたいていの国会議員
より上ではないかと勝手に思っていますが、以上のような状況を考えると、
むしろこれからが本当の働きどころです。

この間の構想日本の活動の変化の一つに、国の制度の議論中心から、自治
体や地域の活動への関わりが増えたことがあります。主な背景は、「現場」
ほど危機感があり、また具体的な動きが出ているということだと思います。
10年目の構想日本は、現場感のある政策で実質的な変化をつくっていくこ
とに全力を尽くしていきます。
これまで以上の叱咤激励をお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などを
お届けする無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換
させて頂いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送り
しています。配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、こ
のメールマガジンにご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご連絡頂く
か、 http://www.kosonippon.org/mailnews/ で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、ご一報いただければ幸いです。
◇◇◇ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行:構想日本      発行責任者:加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2006 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇◇