メールマガジン

【No.248】教育を信じすぎないこと

◇◇◇ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

JIメールニュースNo.248  2006.5.12発行
教育を信じすぎないこと

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇◇
◆◆ 目 次 ◆◆

1.【教育を信じすぎないこと】

2.【第106回「J.I. フォーラム」のご案内】

*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
頂いたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【お詫び】
昨日、配信をいたしましたご案内メールで、一部の皆様のお手元に文字化
けしたメールが届いたほか、重複配信がございました。ご迷惑をおかけし、
誠に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。
今回のトラブルの原因は、サーバーの移行に伴うシステム上の不備でござ
います。ウイルス等の影響ではございませんので、その点はご安心ください。
今後はこのようなことがなきよう努めてまいります。変わらぬご支援のほど、
何卒よろしくお願い申し上げます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.【教育を信じすぎないこと】

関西学院高等部国語科教諭 後藤 稔

今日も巷では教育にまつわる議論が盛んなようです。確かに世間を見渡せ
ば、ニートの問題、しつけの問題、低学力の問題、犯罪者の低年齢化の問
題等々、教育に関する諸問題は後を絶たないかのような様相を呈していま
す。また、このような時代には、様々な教育の神様が登場するものです。ヤ
ンキー先生、百マス先生、夜まわり先生等々、プロ教師の会の皆様から某
有名占い師の先生に至るまで、立派な教育者が次から次へと世間の脚光
を浴びています。

しかし、こういったものが着目される裏側には、何があるのかを考えてみる
ことも大切です。実は多くの親も先生も、自分の教育に自信を持てなくなっ
ているのではないでしょうか。だから、ある理論やすぐれた先生にすがりつ
きたくなる。その心理にも、また問題があるといえばあるはずです。

世間の風潮はジャーナリズムが作っている面があります。また、どのような
理論も完璧ではなく、どのようなカリスマ先生も神様ではないのですから、
そのようなものにすがりつくことで、総ての子どもが救われるという保証は
ないわけです。むしろ、「どのような人間も救われるという話の方が眉唾も
のだ」と考える方が自然なのではないでしょうか。

野生児の話等を聞くと、どうしても教育は必要だという話になってしまいます
が、そもそも人間という種には、他者から教わって学ぶ一面と、自分で勝手
に学んでいく一面があるのではないでしょうか。そうだとすれば、「その人間
の総てが教育によって作られる」という理屈にも多少の無理があるはずです。
教育こそ総てだという人の信念を否定するつもりはありません。しかし、「何
かを信じすぎるということにも落とし穴があるものだ」ということも忘れない方
がいいと思います。

教育を信じすぎないこと・・・実は、これもまた子どもを豊かに育てるコツで
はないでしょうか。コツは自分の経験によってつかむしかありません。子育
てに関して、誰もが最初から自信をもっているはずもありません。だからと
いって、やみくもに不安を感じる必要もないでしょう。あらためて、世間の大
人達が自分の経験と勘とによって、「子どもには育てる部分と自ら育つ部分
がある」ということをつかんでゆくことが大切だと考えています。

*後藤 稔氏のプロフィール
関西学院大学文学部日本文学科卒業後、関西学院高等部国語科教諭

──────────────────────────────────

2.【第106回「J.I. フォーラム」のご案内】

スポーツで地域おこし・成功例
潤オ「スポーツ力」 ⇒ 老若男女が一致団結 ⇒ コミュニティ再生潤オ

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での王ジャパンの優勝、トリノ
での荒川選手の金メダル。あの盛り上がりを思うと、スポーツの力は偉大
です。次は、6月のサッカー・ワールドカップです。
この「スポーツ力」を活かして、地域への愛着、誇り、一体感を目覚めさ
せ、コミュニティの再生をしていこうという活動が盛んになっています。
その立役者たちに登場していただきます。

—————————————————————–
日 時  : 平成18年5月30日(火)
会 場   : 日本財団ビル2階・大会議室 港区赤坂1-2-2 TEL03-6229-5111
(http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html)
開 演  : 午後6時30分(開場:午後6時00分)
ゲスト  : 市井恒伸(高島市役所 営業推進室 主任)
溝畑 宏(大分フットボールクラブ代表取締役)
コーディネーター : 三ツ谷洋子(スポーツビジネスコンサルタント)
主 催   : 構想日本
定 員  : 160名
フォーラム参加費 :2,000円(シンクネット構想日本会員は無料です)
懇親会参加費   :4,000円
(ご希望の方は下記懇親会参加に○印をつけてください)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「トラットリア・イ・プリミ 虎ノ門店」
港区虎ノ門2-2-1 JTビル1F TEL 03-3589-5812
(http://www.ep-tokyo.com/iprimi/toranomon/)

—————————————————————–
参加ご希望の方は、5月29日までに出欠の是非を、下記のメールアドレス
にお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org

お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない

—————————————————————–
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下まで。TEL 03!)5275!)5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田まで。TEL 03!)5275!)5607

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届
けする無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させて
頂いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしていま
す。配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマ
ガジンにご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご連絡頂くか、
http://www.kosonippon.org/mail/ で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、ご一報いただければ幸いです。

◇◇◇ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行:構想日本      発行責任者:加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2006 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇◇