メールマガジン

【No.31】わたしたちの健康と老後 ~地域ぐるみで支えあえたら~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
わたしたちの健康と老後 ~地域ぐるみで支えあえたら~
JIニュースNo.31  2002.1.24
窓口はこちら! news@kosonippon.org
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★構想日本代表・加藤秀樹がTV出演します★
1月26日(土)午後1時~NHK BS-1
BSフォーラム「ノルディックジャパン環境会議のNHKフォーラム」
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■ 目次 ■■
1.《コラム蒼天日本》わたしたちの健康と老後 ~地域ぐるみで・・・
2.《JIへの手紙》
3.《シンクネット会員について!》 イニシアティブ革命の輪に
入りませんか?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
《コラム蒼天日本》
わたしたちの健康と老後 ~地域ぐるみで支えあえたら~
JI政策スタッフ金野
政府・与党が2002年度からの医療制度改革の全容をまとめました。医
療費の抑制を大きな柱とするもので、患者の自己負担が増え、医療機関
の報酬は下がり、医療保険加入者や企業の保険料負担は重くなるという、
「痛み」を分担する内容になっています。

しかし、こうしたことだけが医療費抑制の方策ではありません。
“予防”によっても同じ効果は挙げられるのです。
その一例が近日ホームページで紹介する“健康づくり活動”。健診や
健康相談を行う保健所・保健士が中心となって早くから病気予防のため
健康づくり活動をしている地域では、医療費抑制と同じ効果が出ている
ことが分かったのです。

多摩川沿いに位置する布田・中野島地区。この地区担当の保健婦は、
日頃住民と接する中で「寝たきりや、ぼけになりたくない」「肩凝り、
腰、膝などの痛みを楽にしたい」など、住民が高齢になっても健康で過
ごしたいという気持ちを強くもっていることを知りました。
さっそく町内会などの組織に「寝たきり予防健康教室をやろう」と提
案し、住民と保健婦が共に企画運営を行うことに。多くの住民が健康教
室に参加し、その後も健康教室の卒業生が集い、「健康づくりグループ」
「ヘルスボランティアグループ」が誕生するなど活動は拡大していきま
した。
活動が始まった数年後に調査してみると、老人医療費の抑制につなが
る「寝たきりの減少」という一定の効果が見られたのです。
健康・医療を取り巻く環境は急激に変化しつつあり、医療費負担をど
うするかといった従来の議論では乗り切れないことを痛感します。
国民一人一人が心身ともに健康であることは、個人がいきいきと暮ら
すために必要であるとともに、国の財政を健全に運営していく上でも重
要になってきています。
今後の社会状況を見極めれば、老後の人生をすべて国だけに頼るのは
やめる。かといって自助努力だけでは不安。だから、さまざまな形で私
たちの健康や老後を支える視点を持ちたいと思います。
そんな視点から、地域一体となって健康づくりに力を注ぐ地域や人た
ちを紹介していきます。
身近な事例を通じて、ぜひ皆さんと日本の医療・健康について考えて
いきたいと思います。
※近日中にJIホームページ「健康プロジェクト」で公開する予定です。
健康政策 http://www.kosonippon.org/prj/c/?no=17
現在は健康についてのJIフォーラム議事録などがご覧頂けます。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
《JIへの手紙》 ※読者の皆さんからのお便りの一部を紹介します。
J.I.News29コラム「不良資産処理より大切なこと」読みました。
“悪い銀行”“良い銀行”と分け、速やかに“悪い銀行”を処理してい
れば問題はこんなに大きくならなかったでしょう。官僚が公的資金まで
注入して天下り先の銀行・金融機関確保のためだけに奔走し“死に体”
の銀行・金融機関を保護温存してきました。日本のマスコミがこのよう
な関係省庁や日銀の愚策をめぐる責任追及をしてきていないのは一体ど
うしたことなのでしょうね。        (匿名希望/団体職員)
*  *  *
拝復
バブル崩壊後の処理について後手後手に回ったことの責任は、ひとえ
に不良資産のインパクトについての認識不足と、不動産をはじめとした
市況回復への故なき期待によるものと思います。冷静に考えれば上がる
はずの無い不動産価格の上昇を前提に経済運営を考えた罪は重いですね。
マスコミについては、バブル崩壊後再三にわたって経済誌を賑わした
不良資産の総額の議論(100兆円という記事もありました)が、住専
問題発生後全く出てこなくなったのは、どう考えても報道管制が敷かれ
たのではと思うのですが、いかが思われますか?   JI丹治幹雄
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★“イニシアティブ革命”の輪に入りませんか?
あなたの「想い」を「政策」に変える。構想日本は、現場でがんばる
皆さんの熱い想い=変革のイニシアティブを応援する団体です。皆さ
んもJIの会員として日本の新しいシステムづくりに共に取り組んで
行きませんか?
入会のご案内:http://www.kosonippon.org/info/thnet.html
◆構想日本メールニュースのご購読は下記のアドレスから。
http://www.kosonippon.org/mailnews/
◆配信の停止やアドレス変更は下記のアドレスから。
http://www.kosonippon.org/mailnews/
◆構想日本メールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の最新
情報をお届けする無料のメール配信サービスです。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
週刊JIメールニュース  編集:JI草薙 発行:構想日本
news@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2003 構想日本 All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛