メールマガジン

【No.358】浜松市の事業仕分け探聴記

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
JIメールニュースNo.358 2008.7.11発行
浜松市の事業仕分け探聴記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
◆◇ 目 次 ◇◆
1.【浜松市の事業仕分け探聴記】
2.【第132回「J.I. フォーラム」のご案内】
3.【第27弾甲府市&第28弾町田市 「事業仕分け」のご案内】
*今週末は甲府市での開催です。傍聴ご希望の方は、
forum@kosonippon.org よりお申し込みください。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.【浜松市の事業仕分け探聴記】
事業コンサルタンツ会社経営
八王子ゆめおりまちづくり研究会代表
本間基元

仕分け初日、5月31日(土)の午前は第1会場で開会の挨拶と4事業、午後は第3会場
へ移り5事業の仕分けを傍聴、どの会場も満席であった。翌日の6月1日(日)は午
前・午後とも第3会場で9事業を傍聴して退出。残念ながら最後の1事業と閉会の
辞は聴かずに帰京。そこで、当日配布された資料をもとにして事業仕分けの位置
付けを概観的に探ってみた。

浜松市は、以前から行財政改革の推進やまちづくりへの市民参画が盛んな地で
ある。また、Webサイトでの情報公開度も高い自治体と言われている。
市のホームページ(http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/index.htm)から得
た政策情報では、平成20年度の一般会計予算は2668億円:事業数850余とある。
この内、仕分け対象の事業数は59であり、その事業費の合計は約74億円。こ
こから事業費の大きい2事業を除くと57事業で24億円、一般会計予算の1%以
下となり少額の事業を中心に事業説明書は組まれていることがわかる。
さらに、担当部署による仕分け結果の事前想定が「不要」あるいは「要改善」の事
業が比較的多いこと、また、本庁組織の部毎に4事業程度が割り振られているこ
とから推測すると、浜松市は仕分け作業の過程において仕分け人からできるだけ
多くの指摘を受けることで体験的に手法を学習しようと考え、知恵を絞って仕分け
対象事業を選択したのであろう。
会場毎の仕分け人は、構想日本のメンバー4名(内1名はコーディネーター)と市
政モニターの市民3名で編成されていた。実際の仕分け作業における質疑では、
構想日本の仕分け人から厳しい言葉が使われる場面もあり緊張感が漂う、また、
市民仕分け人からも事業に対する率直な意見が述べられ、事業説明者の職員が
うなずくこともしばしば、活発な議論が行われた。
行財政改革の内発型手法として事業仕分けを取り入れた浜松市おいて、市職
員の意識や行動にどのような変化をみることができるのか、平成21年度の予算
編成や行政サービスへ具体的に反映されるのか等、市民の関心と期待はおお
いに高められたものと思う。
手法は有力なツールであるが手段にしかすぎず、本質的には民間企業の経営改革
や品質向上活動と同様のトップの強い意志と職員の一丸となり課題に挑戦する継
続的な努力が必要不可欠なことは論を待たないが、ここはスピード感をもって改
革に取り組む浜松市の姿勢にエールを送り、今後の成果を見守ってゆくこととし
たい。

*本間基元(ほんま・もとたみ)氏のプロフィール
1940年、東京生まれ。八王子市在住。
沖電気工業勤務、関連会社役員を経て、事業コンサルタンツ会社経営。
2000年、市民会議方式による「八王子市基本構想・基本計画素案」策定に
参画。その後、有志で「八王子ゆめおりまちづくり研究会」を立ち上げ、市財
政の分析や地域の価値を活かし高めるための協働等をテーマに、シンクタン
ク的なNPO活動を仲間とともに継続している。

─────────────────────────────────
2.【第132回「J.I. フォーラム」のご案内】
トイレ掃除が日本を変える
社員が自分たちでトイレ掃除をしている会社は、今やめったにないでしょう。一夜明
けた盛り場を自分たちできれいに掃除する住民、店主もあまりいません。その掃除
を通して、会社の立て直しができたり、荒んだ学校が生まれ変わったりしています。
「日本を美しくする会」の生みの親である鍵山さん、田中さん、荒れた教室を立て直
す活動を全国に展開している高野さん、ご自身の会社の立て直し、地域を変える活
動に取り組む白鳥さんを迎え、なぜトイレ掃除が社会を変えたのか、その活動の根
底に流れる思想、長年の実践から得たものをお話しいただきます。掃除が日本を変
えるかもしれません。
————————————————————-

日 時  : 平成20年7月29日(火)
会 場  : 日本財団ビル2階 大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111(代)
(http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html)
開 演  : 午後6時30分(開場:午後6時)
ゲスト  :鍵山 秀三郎(株式会社イエローハット 取締役相談役)
白鳥 宏明(伊東掃除に学ぶ会 代表世話人)
高野 修滋(便教会 世話人、愛知県高校教師)
田中 義人(日本を美しくする会 代表、
東海神栄電子工業株式会社 代表取締役社長)
コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本 代表 )
主 催  : 構想日本
定 員  : 160名
フォーラム参加費 :2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)
懇親会参加費   :4,000円
(ご希望の方は下記懇親会参加に○印をつけてください)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「トラットリア・イ・プリミ 虎ノ門店」
港区虎ノ門2-2-1 JTビル1F TEL 03-3589-5812
(http://www.ep-tokyo.com/iprimi/toranomon/)
————————————————————–
参加ご希望の方は、7月28日までに出欠の是非を、下記のメールアドレス
にお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前
所属
ご連絡先
懇親会に     参加する      参加しない
————————————————————–
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田まで。TEL 03-5275-5607
─────────────────────────────────

3.【第27弾&第28弾「事業仕分け」のご案内】
~ 甲府市(第27弾)、町田市(第28弾) ~

構想日本が2002年から行なっている行政の「事業仕分け」は行財政改革の切り
札です。今年度は10ヶ所以上の自治体での事業仕分けを予定し、問い合せも続
いています。今回は人口20万人で特例市の甲府市と、41万人で都下初の町田
市での実施です。私たちは、事業仕分けが自治体に定着することによって、「本
丸」である国での実施が現実になると考えています。行政の方、自分の地域を
何とかしたいという方、メディアの方、お誘いあわせのうえ、侃々諤々の議論に
傍聴参加ください。

~甲府市~
【日時】平成20年7月13日(日) 午前9時30分~午後4時
(12時から傍聴者を対象に事業仕分けに関する質問会を実施予定)
※入退室自由です。ご都合の良い時間帯にお越しください。
【会場】甲府市中央公民館2階大ホール (甲府市丸の内3丁目26-16 )
会場に関するお問い合わせは、甲府市行政改革推進課(055-237-5293)まで。
【対象】 甲府市の事務事業(32事業)
【参加者】事業説明者:甲府市役所職員
評価者(仕分け人)
コーディネーター:構想日本事業仕分けチーム
___  _  ___

~町田市~
【日時】平成20年7月26日(土) 午前9時~午後5時
(昼休みに質問会を実施予定)
※入退室自由です。ご都合の良い時間帯にお越しください。
【会場】町田市文化交流センター 5階(町田市原町田4丁目1番14号)
会場に関するお問い合わせは、町田市経営改革室(042-724-2503)まで。
【対象】町田市の事務事業(34事業)
【参加者】事業説明者:町田市役所職員
評価者(仕分け人)
コーディネーター:構想日本事業仕分けチーム
___  _  ___

≪事業仕分けとは・・・≫
・国や自治体の行政サービスについて、予算書の項目ごとにまず要否の議
論をする。
・その上で、実施主体(官か民か、国か地方か)を議論
・「外部の目」を入れる
・「公開の場」で議論する
※構想日本のホームページ「事業仕分け」もご覧ください。
http://www.kosonippon.org/project/list.php?m_category_cd=16
●これまでの実例をもとにポイントをまとめた、構想日本編『入門 行政の事
業仕分け』(ぎょうせい刊・1,800円)のご注文も下記にて承ります。
————————————————————–
ご参観ご希望の方は、7月25日までに出欠の是非を、下記のメールアドレス
にお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前
所属
ご連絡先
————————————————————–
*お問い合せは、 西田/伊藤まで。TEL 03-5275-5607

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、 http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたしま
す。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第1~4巻など

好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行:構想日本      発行責任者:加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2008 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□