メールマガジン

【No.395】「ひとまわり」して、初心に帰る

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
JIメールニュースNo.395  2009.04.09発行
「ひとまわり」して、初心に帰る
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
◆◇ 目 次 ◇◆
【1】「ひとまわり」して、初心に帰る 構想日本代表 加藤秀樹
【2】第141回「J.I.フォーラム」のご案内 (4/28・火)
【3】ワンクリックアンケート:定額給付金、あなたは何に使いますか?
【4】ご案内:「医療志民の会」設立シンポジウムの開催について
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】「ひとまわり」して、初心に帰る
構想日本代表 加藤秀樹
今日4月9日、構想日本は活動を始めて13年目に入ります。
日本に限らず、古今東西「12」という数字は、人類の営みにおいて
一つの周期や単位とされてきました。構想日本もこの12年間を振り返り、
さらに前進するために、今後しばらくの期間、読者の皆様、会員の方々と
このメールニュースやホームページ上で議論していきたいと思います。
随時企画を呼びかけますので、どうぞ気軽に参加してください。
まずは振り返る意味で、少し長くなりますが、構想日本設立時の私の
メッセージを、当時のパンフレットから引用します:
---------------------------------
構想日本は“政策ベンチャー”と自称している。これまで官庁だけが担ってきた
“政策市場”に競争を持ち込み、カツを入れようという意味だ。
政策とは国の運営の図面だから、基本的な考え方や戦略が大切だ。私たちの
生活を大いに左右するから日常の“眼”も欠かせない。いわば、経営者の判断と
現場の経験の両方が必要だ。だが、今の日本の政策にはどちらも欠けている。
また、政策は実行されなければならない。ところが多くの「提言」や「公約」は
実現しないままになっている。
構想日本はここを何とかするためにスタートした。他にお手本はない。だから
毎日大変だ。よほどの「本気」とエネルギーが必要だ。
それでも多くの人達が「本気」の知恵やお金やエネルギーをもって集まって
くれる。これがJapan Initiativeの名前の由縁でもある。しかし世の中を動かして
いくには、構想日本にはまだまだ知恵も力も不足している。
家族への想い、世の中への想い、世界や自然や未来への想い。様々な
想いを政策に変え、そして世の中を動かして行きませんか。会員として、また
ネットワークの一員として、あなたも構想日本に参加してください。あなたの
イニシアチブで日本が動くのです。
---------------------------------
この12年間、私たちの「本気」と皆様のご支援により、構想日本は17の
具体的な政策を実現させ、その他多数の政策形成過程において影響力を
発揮してきました。しかし当然ながら、まだまだ力不足です。
また、先の見えない経済不況など、世の中全体としては悪い方向
向かっているようにも思えます。まさに今、日本全体の「本気」が試されています。
スタッフ一同、この「ひとまわり」という節目を機に初心に立ち帰り、次の
「ひとまわり」に向けて、日本を動かすイニシアチブとして「本気」の挑戦を続けて
いきます。引き続き構想日本へのご支援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。
構想日本代表 加藤秀樹

【2】第141回「J.I.フォーラム」のご案内
金融の地産地消
~想いを形にするためのお金の仕組み~(仮)
日 時 : 平成21年4月28日(火)
会 場 : 日本財団ビル2階 大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111(代)
→http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
開 演 : 午後6時30分(開場:午後6時)
ゲスト : 木村真樹氏(コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事)
見山謙一郎氏(環境ビジネス・イノベーター、元ap bank理事)
三上亨氏(グリーンエネルギー青森 事務局長)
定 員 : 160名
フォーラム参加費 :2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)
懇親会参加費  :4,000円
(ご希望の方は下記の参加欄に○印をつけてください)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「トラットリア・イ・プリミ 虎ノ門店」
港区虎ノ門2-2-1 JTビル1F TEL 03-3589-5812
→http://www.ep-tokyo.com/iprimi/toranomon/
————————————————————–
参加ご希望の方は、4月27日午前中までに出欠の是非を、下記の
メールアドレスにお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前
所属
ご連絡先
懇親会に     参加する      参加しない
————————————————————–
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607

【3】ワンクリックアンケート:定額給付金、あなたは何に使いますか?
Q: 定額給付金、あなたは何に使いますか?
アンケートに答えてご意見をお聞かせください。
↓   ↓   ↓
http://www.kosonippon.org/enquete/index.php?m_enquete_cd=61

【4】ご案内:「医療志民の会」設立シンポジウム開催について
代表加藤が発起人の一人として参加している「医療志民の会」の
設立シンポジウムが4月11日(土)に開催されます。医療現場を
建て直したいとの志を抱く様々な立場の人々が「志民」として、
議論し連携し協働する場とチャンスをつくっていくことをめざします。
詳しくは、「医療志民の会」ホームページをご覧ください
→http://iryoushimin.cocolog-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたしま
す。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第1~4巻など
、好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2009 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□