メールマガジン

【No.410】公開討論会に行きましょう

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
JIメールニュースNo.410  2009.07.23発行
『公開討論会に行きましょう』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
◆◇ 目 次 ◇◆
【1】 『公開討論会に行きましょう』
リンカーン・フォーラム 代表 加藤秀樹
【2】 市長主導で“行政の大掃除”
藤沢市事業仕分け、7月26日(日)開催
【3】 第144回JIフォーラムのご案内 7月30日(木)
『知事の反乱で地方分権は進むか?』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】 『公開討論会に行きましょう』
公開討論会NGO リンカーン・フォーラム 代表 加藤秀樹
――――――――――――――――――――――――――――――――
解散により、実質的に総選挙に突入しました。私が代表をしているリンカーン・
フォーラムは、公職選挙の公開討論会開催の支援及び普及活動を1996年
から行い、これまでに1600回開催しています。
今回の総選挙では全国の青年会議所などの尽力で、ほとんど全ての選挙区
で公開討論会が開催される見通しです。今回はわれわれ有権者一人ひとりの
投票が政権を選択する選挙になるのは間違いありません。ぜひ一度、自分の
選挙区の公開討論会に足を運び、候補者が実際にどんな表情、態度で何を
話しているかを、ご自分の目で確かめて下さい。選挙カーや政見放送では
決して伝わってこない候補者の考えや資質が、きっと見えてくると思います。
今回の総選挙は本格的な「政権交代」という、私たちが未経験の選択が
問われています。それは私たち自身がマスメディアを通じた雰囲気に流される
のではなく、どんな社会が望ましいと考えるか、そのために誰を選ぶのがよい
のか、という重大な判断ができるかどうかが問われているということです。
「郵政選挙」で体験したような、単なるムードによる選挙のツケは、私たち自身
に帰ってくるだけです。
その意味でも、公開討論会は重要です。選ぶ側と選ばれる側との距離が
ぐんと狭まり、お互い当事者意識、責任感が強まるのを肌で感じることが
できます。同様なことは、アメリカの大統領選挙を見ていても分かります。
そしてそのことが政治の質を高めるのです。
政治の劣化という言葉がマスメディアなどでよく使われるが、それは
私たち自身が“あなた任せ”にしてきたことのツケでもあります。いわば
有権者の劣化の結果です。公開討論会に参加し、有効に使うことによって、
まず私たち自身のレベルを上げ、そして日本の政治のレベルアップを進めて
いきましょう。
<加藤 秀樹>
リンカーン・フォーラム代表/構想日本代表

【2】 市長主導で“行政の大掃除”  藤沢市事業仕分け、7月26日開催
――――――――――――――――――――――――――――――――
行政の財源は無限ではありません。住民のニーズの優先順位に従って、
行政サービスを取捨選択しなければならない時代です。
構想日本が2002年より行ってきた行政の「事業仕分け」は、この優先順位を
行政、住民双方が考えるための非常に有意義な機会です。その結果は歳出
削減や、職員、住民の意識改革などの実績となり、これまで国の6省を含め
47回実施しました。
今年度も既に12の自治体で実施予定で、今や行財政改革の「切り札」として
注目の的です。藤沢市での事業仕分けの実施は、市長の強い意向で決定
しました。今回の仕分け結果を来年度の予算編成に反映させる予定です。
是非傍聴にお越しいただき、行政改革の“証人”となってください。さらに、
この経験を他の自治体や国にも生かして下さい。
<開催概要>
【日時】 2009年7月26日(日) 9:00~16:30
※入退室自由、ご都合の良い時間帯にお越しください。
【会場】 藤沢市役所 新館7階 (藤沢市朝日町1-1)
※会場に関するお問い合わせは、
藤沢市役所 (電話)0466-25-1111
【主催】 藤沢市
【協力】 構想日本
【対象事業】 藤沢市の一般会計事業(30事業)
【参加者】 事業説明者:
藤沢市職員
仕分け人、コーディネーター:
藤沢市民、構想日本事業仕分けチーム
————————————————————-
参観ご希望の方は、開催日前日までに下記のメールアドレスに
お申込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前:
所属:
ご連絡先:
参観希望自治体:
————————————————————–
*お問い合わせ:構想日本 西田/伊藤/塩野 03-5275-5607
————————————————————–

【3】 第144回JIフォーラムのご案内 7月30日(木)
――――――――――――――――――――――――――――――――
知事の反乱で地方分権は進むか?
東国原宮崎県知事、橋下大阪府知事たちが連日マスコミをにぎわせている。
本心はちょっと分からないが、彼らの旗印は「地方分権」だ。地方分権は10年来
いろいろ議論が行われ、法律も作られたが、結論だけ言うとほとんど進んで
いない。抽象論はもうやめよう。例えば新型インフルエンザの感染防止は極めて
中央集権的に行われたことが現場の混乱の大きい原因だった。
この分野の第一人者に、医療、福祉、教育などについて、具体的に検証して
頂きます。
—————————————————————–
○日 時: 平成21年7月30日(木) 18:30~20:30
○会 場: 日本財団ビル2階 大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111(代)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
※今回より、会場のセキュリティの都合上、このメールを
プリントアウトして会場1階で提示してください。
○開 演: 18時30分 (開場:18時00分)
○ゲスト: 上 昌広 (東京大学医科学研究所 准教授)
露木 順一(開成町長)
福嶋 浩彦(中央学院大学教授)
穂坂 邦夫(地方自治経営学会会長)
○コーディネータ: 加藤秀樹(構想日本代表)
○主 催: 構想日本
○定 員: 160名
○フォーラム参加費: 2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)
○懇親会参加費: 4,000円
(ご希望の方は下記懇親会参加に○印をつけてください)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「トラットリア・イ・プリミ 虎ノ門店」
港区虎ノ門2-2-1 JTビル1F TEL 03-3589-5812
http://www.ep-tokyo.com/iprimi/toranomon/
————————————————————–
参加ご希望の方は、7月29日までに出欠の是非を、下記のメールアドレス
にお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前
所属
ご連絡先
懇親会に     参加する      参加しない
————————————————————–
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
————————————————————–

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えていただければ幸いです。またinfo@kosonippon.org宛てに
転載の旨、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたしま
す。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第1~4巻など
、好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2009 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□