メールマガジン

【No.424】ビジネススクールにおける企業倫理教育

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
J.I.メールニュースNo.424 2009.10.29発行
「ビジネススクールにおける企業倫理教育」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
◆◇ 目 次 ◇◆
【1】 「ビジネススクールにおける企業倫理教育」
【2】 静岡県の事業仕分け 10月31日(土)、11月1日(日)、2日(月)開催
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 「ビジネススクールにおける企業倫理教育」
構想日本 非常勤スタッフ
慶應義塾大学大学院 経営管理研究科修士課程
平田麻莉
________________________________
少し前になるが、8月10日発売のハーバード・ビジネス・レビューの特集に、
元イェール経営学大学院学部長の「MBAの存在意義を問う ビジネススクールの責任」
という寄稿があった。MBA教育がデータや数式、理論に偏りがちで、道徳や価値観の
教育をなおざりにしてきたという。これについて、現役学生の視点から所感を記したい。
私は入学2日目の授業で、「ここでは経営の理論や事例は教えますが、
価値観は教えません。学問は価値観フリー(特定の価値観を持たない)ですから」
と言われて驚いた。入学後半年が過ぎて分かったのは、それが価値観の育成を
軽んじているのではなかったことだ。むしろ、個々人が、主体的かつ内面的に自らの
判断軸を形成することが期待されている。経営には特定の答えやマニュアルが
あるわけではなく、経営者の個性を反映しながら常に試行錯誤が繰り返されるものだ
という考えが根底にある。
例えば「財務理論」科目の教科書では、「株主利益の最大化」が経営意思決定の
所与の条件とされる。株主は、関連会社、従業員、債権者など全ステークホルダーの
最後に利益分配されるので、株主利益の最大化は、必然的にその他ステークホルダーの
利益を満たすというのがその根拠だ。こうした理論や実在企業の事例に触れた際に、
「それは本当だろうか、なぜそうなるのか」と多様な経歴を持つ学生と活発に
議論することで、自然と一人一人がビジネスリーダーとしての価値観を
ブラッシュアップさせることがMBA教育の本意であろうと思う。
しかし、そのプロセスは決して容易くはない。今後は、価値観や判断軸の研磨を
学生の自主性に任せるだけではなく、大学側もより積極的に、取り組んだ方が
良いのかもしれない。私の大学院では「企業倫理」は選択科目で、
履修者はさほど多くない。米国でも企業倫理のクラスは年々減っていると聞く。
近い将来、世界のビジネススクールにおいて企業倫理が必修科目になり、理論の
手前にある経営者の道徳や価値観について、熱い議論が交わされる日が来ることを願う。

――――――――――――――――――――――――――――――――

【2】 静岡県の事業仕分け、10月31日(土)、11月1日(日)、2日(月)開催!
――――――――――――――――――――――――――――――――
構想日本が2002年より行ってきた行政の「事業仕分け」。歳出削減の効果や、
職員、住民の意識改革などの実績が浸透し、今までに全国の自治体や国の
6省を含めて合計59回以上実施してきました。
静岡県では、マニフェストに「事業仕分けの実施」を掲げて7月に就任した
川勝知事の強い意向のもと、約100事業を対象に事業仕分けを実施します。
仕分け人には公募で集めた県民仕分け人も参加し、住民の視点も取り入れ
ながら行政のあり方を見つめ直します。
「地方分権」が叫ばれる中、「県」が担うべき役割とは何なのか。是非傍聴に
お越し頂き、共に考えていくきっかけにしていただければ幸いです。

≪開催概要≫
【日時】 2009年10月31日(土)、1日(日)、2日(月)
3日間とも9:00~16:30
※入退室自由、ご都合の良い時間帯にお越しください。
【会場】 静岡県庁別館 7階・8階会議室 (静岡市葵区追手町9-6)
※会場に関するお問い合わせは、
行政改革室(電話)054-221-2911
【主催】 静岡県
【協力】 構想日本
【対象事業】 静岡県の一般会計事業(約100事業)
【参加者】 事業説明者:静岡県職員
仕分け人、コーディネーター:構想日本事業仕分けチーム、静岡県民

●詳しくは構想日本ホームページでもご覧いただけます:
http://www.kosonippon.org/shiwake/municipality_sort/detail.php?m_project_cd=791
————————————————————–
参観ご希望の方は、10月30日(金)までに下記のメールアドレスに
お申込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前
所属
ご連絡先
————————————————————–
*お問い合わせ:構想日本 西田/塩野 03-5275-5607
————————————————————–
●なお、11月の自治体の事業仕分けの予定は以下の通りです。
詳しくは構想日本ホームページをご覧ください。
【奈良市】
11月22日(日)、23日(月祝) 9:30~17:00
http://www.kosonippon.org/shiwake/municipality_sort/detail.php?m_project_cd=795

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えていただければ幸いです。またinfo@kosonippon.org宛てに
転載の旨、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたしま
す。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第1~4巻など
、好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2009 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□