メールマガジン

【No.440】「金融の生態系」を守る政策を ―健全な中小企業や地域産業を育てるために―

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
J.I.メールニュースNo.440 2010.02.25 発行
「金融の生態系」を守る政策を
―健全な中小企業や地域産業を育てるために―
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
「金融の生態系」を守る政策を
―健全な中小企業や地域産業を育てるために―
大東京信用組合 常務理事 柴橋英二
――――――――――――――――――――――――――――――――
銀行の業務の形態は、大きくは、メガバンクに代表される、資金の行き
来に関するサービスの規模や効率性を中心に勝負する類型と、信用金庫
や信用組合など地域の協同組織金融機関に代表される、地元企業とのつ
ながりを中心に展開する地域密着の類型に、分けられる。
この2つのタイプは従来、対象企業、貸出の仕方や収益のあげ方など、異
なる姿で業務を行い、それぞれ得意とする分野で棲み分けていく、いわば
“金融の生態系”が形成されてきた。
このなかで、信用組合は、恒常的な過少資本に悩む中小零細事業者に対し
て、長いつきあいや経営者との対話の中から得られる色々な情報を駆使す
ることで、その会社の資本に近い超長期の貸出に注力して業務展開を図っ
てきた。短期の金利で勝負するのではなく、うまくいったときには配当と
同じように金利をいただく、長いつきあいで、銀行・金融市場で一定の役
割を果たしてきた。
しかし、この10年あまりの間に、先述の生態系を越えた競争が起こり、
日本の金融機関はかなり淘汰され、その数は合併吸収で大きく減少した。
信用組合は、300を超えていたのが、約160へと半減した。
それでもなお、過剰な数のオーバーバンキングといわれ、規模と効率性を
追求する競争促進の指摘がなされ、お互いの体力を弱めることが少なくな
い。信用組合の身の丈に合った役割にも配慮がなされず多くが消えていけ
ば、その先には、概して同じようなサービスしかなくなるということにも
なりかねないが、それでよいのだろうか。
しかも、最近の政策・制度は、“金融の生態系”をますます撹乱するよう
なものと思えてならない。会計基準や「不良債権」の基準など、一律的な
ルールや尺度の適用を強いられるが、信用組合の現場の実態に即さず、本
意ではない対応をせざるをえないことが、ままある。
例えば、協同組織においては、出資者は投資家ではなく地域の利用者であ
り、出資金や信用組合の資産の時価がどうかというようなことより、信用
組合が貸出とともに何をしてくれるか、事業者とどのようなつきあいをし
てくれるかを見せることを、むしろ期待している。同時に、メガバンクに
中小企業金融を無理押しするような生態系への介入は、かえって日本の銀
行の世界戦略を弱めることにもなるのではと思う。
今の金融環境に大切なことは、業態内での切磋琢磨は必要であるが、金融
の生態系を見守りながら、そのなかでそれぞれが一層の機能発揮をしてい
くような手だてを考えることである。
小さくとも地元に長く親しんできた企業を大事にしたい。昔からの企業の
技術や文化を守り伝承していきたい。信用組合は、長い時間軸の評価尺度
をもって、ゆっくりとした成長と発展を築き、これを持続することを、我
が業態の使命と銘じている。
*柴橋英二氏のプロフィール
昭和41年、大東京信用組合に入組。総合企画室長等を経て、
平成13年、理事(総合企画部長)、平成16年、常務理事。
全国信用組合中央協会「信用組合経営研究会」委員等。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えていただければ幸いです。またinfo@kosonippon.org宛てに
転載の旨、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたしま
す。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第1~4巻など
、好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2010 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□