メールマガジン

【No.454】「事業仕分け」に向けられた若者の視線と熱い戦い

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
J.I.メールニュースNo.454 2010.06.03 発行
「事業仕分け」に向けられた若者の視線と熱い戦い

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
◆◇ 目 次 ◇◆
【1】 「事業仕分け」に向けられた若者の視線と熱い戦い
参議院議員 蓮舫
【2】 2010年度自治体の事業仕分け 第一弾は高浜市で6月19、20日に開催

【3】 2010年度自治体の事業仕分け 第二弾は所沢市で6月26、27日に開催

【4】 第155回J.I.フォーラムのご案内   6月7日開催

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 「事業仕分け」に向けられた若者の視線と熱い戦い
参議院議員 蓮舫
――――――――――――――――――――――――――――――――

先日、早稲田大学の「大隈塾」という講座で講義をしてきた。鳩山内閣では、2009年
の11月と今年の4月、5月の3回に分けて事業仕分けを行ったが、そのすべてにこの大
隈塾の学生たちが傍聴に来てくれたから、そのお礼の意味もあった。
あの仕分けの現場に来て、見て、聞いて、そして自分のアタマで考えてくれただろう
から、事業仕分けについて「その一」から説明することもないだろう、と思ったがふ
と、「法定五税、って知ってますか?」と聞いてみた。所得税、法人税……、このふ
たつは何人かがランダムに答えてくれた(受講生は200人)。さて、あとのみっつは?
相続税だ住民税だ、と、なかなか正解にたどり着かなかったが(ワセダ、大丈夫かな
あ)、消費税、酒税、たばこ税、所得税と法人税が法定五税である。この税金がどう
使われているのか、これまで表だって明らかにした政治はなかった。税金が本当に必
要なことに投入されているのかどうなのか、その判断の材料を、今回初めて報道、ネ
ットを通じて国民に提供させていただいた。
政治家は「有権者」を大切にするが、税金は有権者だけが払っているのではない。子
どもたちだって、コンビニで買い物をすれば消費税を払っている。親からもらったお
小遣いでも、それはそれで自分のお金であって、中学生や高校生も、仕分けに加わる
「有資格者」である。たぶん、のべ120万視聴者数のなかには、その子たちも多数いた
にちがいない。
仕分けの様子をネットで生中継し、録画で全行程を記録しておいたのはそのためでも
ある。新聞とテレビだけではなく、インターネットを使ってより広く情報を公開して
いく。そのために、民間のネット配信会社5社に「公式中継」してもらったし、行政刷
新会議のwebsiteをわかりやすくデザインして、事業仕分けだけでなく行政刷新のため
のほかの取り組みにも注目してもらえるようにした。
websiteを新しくするには、いくつもの壁にぶつかった。前例がないことばかりをしよ
うとしたからだ。霞ヶ関の厚い壁にチャレンジしてくれた刷新会議の若い官僚たちと民
間の技術者たち、彼ら彼女らは本当によく頑張ってくれた。事業仕分けは成功した、と
いわれるが、その舞台裏には若い人たちの熱い視線と熱い戦いがあったことを、私は忘
れない。

【2】 2010年度自治体の事業仕分け 第一弾は高浜市で6月19、20日に開催
――――――――――――――――――――――――――――――――
●詳しくは構想日本HPをご覧ください:
http://www.kosonippon.org/shiwake/municipality_sort/detail.php?m_project_cd=828

【3】 2010年度自治体の事業仕分け 第二弾は所沢市で6月26、27日に開催
――――――――――――――――――――――――――――――――
●詳しくは構想日本HPをご覧ください:
http://www.kosonippon.org/shiwake/municipality_sort/detail.php?m_project_cd=829

【4】 第155回J.I.フォーラムのご案内  6月7日開催
――――――――――――――――――――――――――――――――

日本から無縁・孤立・貧困・閉塞感をなくそう
~「パーソナルサポーター」特区実現に向けて~

無縁・孤立・貧困、そしてそれらが死に至る…現代社会が抱える病弊はもはや他人事
ではありません。行政の「セーフティネット」では支援を必要としている人に寄り添
うようなサポートはできません。
一方、民間団体はいくら熱心に活動をしても、踏みこめない領域があります。
この状況を打破するために、官と民が融合して、困窮している人を支援できる体制を
整備するため、社会で孤立する人に寄り添える「パーソナルサポーター」のモデル・
プロジェクト化が決定しました。横浜ではすでに、若者の就労支援の「パーソナルサ
ポーター」の仕組みを実現するための構造改革特区申請をしました。これを実現し、
全国でさまざまな活動を広げる突破口にしていきたいのです。

○日 時: 平成22年6月7日(月) 19:00~21:00
○会 場: 日本財団ビル2階 大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111(代)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
※会場のセキュリティの都合上、本案内状を会場1階で提示してください。
○開 演: 19時00分 (開場:18時30分)
○討論者: 岩永 牧人(NPO法人ユースポート横濱)
小川 泰子(社会福祉法人いきいき福祉会)
奥田 知志(NPO法人北九州ホームレス支援機構代表)
川崎 あや(NPO法人アクションポート横浜)
重徳 和彦(内閣府行政刷新会議事務局参事官補佐)
清水 康之(NPO法人ライフリンク代表)
鈴木 晶子(NPO法人ユースポート横濱)
玉城 勉 (財団法人沖縄県労福協専務理事)
日置 真世(NPO法人地域生活支援ネットワークサロン理事)
湯浅 誠 (反貧困ネットワーク事務局長)
○コーディネーター: 加藤 秀樹(構想日本代表)
○主 催: 構想日本
○定 員: 160名
○フォーラム参加費: 2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)
○懇親会参加費: 4,000円
(参加ご希望の方でまだ申し込みをされていない方は、事務
局 木下明美あてにご連絡ください。TEL 03-5275-5665)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「トラットリア・イ・プリミ 虎ノ門店」
港区虎ノ門2-2-1 JTビル1F TEL 03-3589-5812
(http://www.ep-tokyo.com/iprimi/toranomon/)

————————————————————–
参加ご希望の方は、6月6日までに出欠の是非を、下記のメールアドレス
にお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
————————————————————–
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
————————————————————–

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えていただければ幸いです。またinfo@kosonippon.org宛てに
転載の旨、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたしま
す。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第1~4巻など
、好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2010 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□