メールマガジン

【No.458】選挙・政治の影響を受けるのは、未来の有権者

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
J.I.メールニュースNo.458 2010.07.01 発行
選挙・政治の影響を受けるのは、未来の有権者

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
◆◇ 目 次 ◇◆
【1】 選挙・政治の影響を受けるのは、未来の有権者
模擬選挙推進ネットワーク事務局長 林大介

【2】 2010年度自治体の事業仕分け 開催スケジュールはホームページでご覧ください

【3】 事務スタッフを急募しています

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 選挙・政治の影響を受けるのは、未来の有権者
模擬選挙推進ネットワーク事務局長 林大介
――――――――――――――――――――――――――――――――

○民主主義は、子どものころからの政治参加の経験が不可欠
選挙のたびに若者の政治離れや低投票率が指摘されますが、それは、『未来の有権者』
である子どもたちへ政治を身近に感じる環境を用意してこなかったおとな側に、原因が
あります。
政治意識はおとなになってから突然、高まるわけではありません。子ども時代から、自分
が生活する地域の課題について考えたり、市民活動に参加したりすることで民主主義は醸
成され、市民性は育っていきます。
私たちが、2008年のアメリカ大統領選の模擬選挙(最終的に800万人が投票!)を視察した際、
訪問した小学校や中学校のいたるところに「Citizenship」の標語が貼られ、子ども時代か
ら市民教育の一環として政治参加意識を育てることに力を注いでいることが伝わってきまし
た。アメリカの民主主義は、子ども時代から培われているのだと、強く実感しました。
○模擬選挙を通じて、生の政治をとらえる
実際の選挙日程にあわせて、実際の選挙の立候補者または政党(国政選挙における比例区)
に対して投票を行う「未成年”模擬”選挙」は世界各地で取り組まれています。日本では、
模擬選挙推進ネットワークが2002年からこれまでに20近くの選挙で実施し、全国70ヶ所を
超える学校・地域、のべ3万人を超える生徒たちが投票しています。2007年の参議院議員
選挙では全国8000人が投票し、2009年の衆議院議員総選挙は、夏休み期間中にも関わらず
4000人が投票しました。
私たちのこうした動きを背景にして、神奈川県では、今回の参議院議員選挙から、県下の
公立高校でシティズンシップ教育の一環として、模擬選挙を実施することになりました。
○政治を体感して興味を深め、選び方を学んで投票率も上がる
模擬選挙は、投票することが目的ではなく、投票するために考える機会を生み出すところ
に意味があります。つまり、「投票」という「選択」をするために「考える」のです。
私たちは、模擬選挙を通して未来の有権者を育てるとともに、生徒たちが政治を身近に感じ
る機会を創り出し、さらには、次代を生きていく彼らの声を社会に届けていきたいと考えて
います。そして、未成年の彼らが模擬選挙に参加することを通して、彼らの保護者等、実際
の有権者への働きかけも行っていきたいと考えています。
読者の皆さん、周りの子供たち(未来の有権者)へ、是非、模擬選挙を伝えてください。
19歳以下の未来の有権者であれば、誰でも投票できます。ウェブサイト(PC・携帯)から投票
できます。できれば各地で、街頭で、模擬選挙を実施してください。一人ひとりのちょっと
した協力でこの国の政治を育てていく足掛かりとなると思います。各地域で模擬選挙を実施
するためのハンドブックなどもダウンロードできます。いつでもご相談ください。
http://www.mogisenkyo.net/
*学校の先生
ぜひとも、学校で、模擬選挙を実施してみてください。初めてのかたでも、学校で実施する
ためのわかりやすいハンドブックや、授業で使える教材・ワークシート、投票用紙などをダ
ウンロードできます!選挙管理委員会は、投票箱などの貸し出しも行っています。何なりと
ご相談ください。

★模擬選挙推進ネットワーク★
公立・私立の教員、全国で未成年模擬選挙を実施している方で構成しているグループ。
模擬選挙の普及活動のほか、10代のための永田町体感ツアー・政党本部探検など、未成年者
に政治に興味・関心を持ってもらえるプログラムを提供している。「公平・中立・公正」を
期すためNPO法人Rightsが取り組んできた模擬選挙事業を切り離し2006年12月に設立。
http://www.mogisenkyo.com

【2】 2010年度自治体の事業仕分け 開催スケジュールはホームページでご覧ください
――――――――――――――――――――――――――――――――

奈良市 2010年7月3日(土)、4日(日)開催
甲府市 2010年7月3日(土)開催
鎌倉市 2010年7月10日(土)開催
藤沢市 2010年7月17日(土)、18日(日)開催
大阪市 2010年8月21日(土)、22日(日)開催

●詳しくは構想日本HPをご覧ください:http://www.kosonippon.org/shiwake/

【3】 事務スタッフを急募しています
――――――――――――――――――――――――――――――――
構想日本では、業務拡大につき事業仕分けを中心に事務を担当していただくスタッフ
を急募します。
資料準備や出張計画の作成、自治体の事業仕分け開催案内のリリースなど、事業仕分
けの自治体への後方支援の仕事です。
さらに、事業仕分け以外にも、月例のJIフォーラムをはじめとする構想日本の様々な
プロジェクトや活動の事務もご担当いただきます。
【求める人材像】
・前向きでどんな仕事にも意欲的に取り組んでいただける方。
・高いコミュニケーション能力を要する方。
・複数のプロジェクトや仕事を同時に進捗管理し進めていける方。
【資格等】
・学歴:大卒以上
・年齢:40歳位まで。
【給与】
・応相談。
【勤務】
東京都千代田区平河町(最寄り駅:地下鉄永田町駅/半蔵門駅) 9:30~18:00
【雇用形態】
専任(正職員、週5日勤務)もしくは非専任(契約、週3日程度勤務)
【応募方法】
履歴書、職務履歴書を下記住所までご郵送ください(2010年7月2日必着)。
書類審査の上、面談日時をご連絡致します。お送り頂いた応募書類は返却いたしません
ので予めご了承ください。
〒102-0091
東京都平河町2-11-2 渡辺ビル3階 構想日本
(封筒に「履歴書在中」と明記ください)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えていただければ幸いです。またinfo@kosonippon.org宛てに
転載の旨、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたしま
す。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第1~4巻など
、好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2010 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□