メールマガジン

【No.461】あなたも『事業仕分け』の『判定人』になりませんか? 発行日::2010/07/22

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
J.I.メールニュースNo.461 2010.07.22 発行
「あなたも『事業仕分け』の『判定人』になりませんか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
◆◇ 目 次 ◇◆
【1】 「あなたも『事業仕分け』の『判定人』になりませんか?」
中央学院大学社会システム研究所教授
東京財団週末学校校長 福嶋浩彦

【2】 第157回J.I.フォーラムのご案内 7月29日開催

【3】 2010年度自治体の事業仕分け 開催スケジュールはホームページでご覧ください

【4】 「事業仕分け」体験研修会へのお誘い

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 「あなたも『事業仕分け』の『判定人』になりませんか?」
中央学院大学社会システム研究所教授
東京財団週末学校校長 福嶋浩彦
――――――――――――――――――――――――――――――――

2009年11月と2010年4~5月に政府の行政刷新会議のワーキンググループが国の「事業仕分け」
を行いました。会場には延べ3万人近くの人が来場し、動画配信では500万人程度の国民が「事
業仕分け」を傍聴しました。無駄な事業を洗い出す「仕分け人」と事業を進る官僚との質疑の
中で、事実が明らかにされていくプロセスは、まさに国民が初めて税金の使われ方の事実情報
に触れる機会となりました。これまでの「事業仕分け」に対する評価は各社の世論調査の支持
率の高さ(産経新聞・FNN89%、共同通信77%、毎日新聞74%、日本テレビ72%)からもう
かがわれます。
構想日本では、2002年から地方自治体において事業仕分けをこれまで68回(49自治体62回、国
6回)実施してきました。国レベルでは今回初めて行われたように思われるかもしれませんが、
実は既に2008年から2009年の自公政権下においては6つの省庁で行われているのです。
今週末(7月24日土曜日13:30~17:30)私が校長をつとめる東京財団週末学校の研修の目玉の
一つとして「模擬事業仕分け」が行われます。全国33自治体から参加する研修生(自治体職員)
が自治体で実際に行われている事業を対象に、本番さながらの「模擬事業仕分け」を行います。
構想日本事業仕分けチームの主要メンバーによる仕分け議論に対する厳しいコメントや解説、
指導も行われます。
さらに今回は、参加いただいた傍聴者に「判定人」として直接「模擬事業仕分け」の結果判定
に加わっていただきます。これは私が『民と官の連携による公共サービス改革検討委員会』委
員長をしている埼玉県富士見市などで採用し、市民参加型として今後、自治体の事業仕分けで
主流になると考えられるものです。「事業仕分け」をリアルに理解を深める体験をして頂く絶
好の機会です。
住民として、国民として、日本人誰もが自分が納めた税金の使われ方を「当事者」として考え
ないといけない時代を迎えます。多くの方のご参加をお待ちしております。
※上記7/24に開催される東京財団週末学校についてはこのメルマガの【4】「事業仕分け」体験
研修会へのお誘い、をご参照ください。

【2】 第157回J.I.フォーラムのご案内 7月29日開催
――――――――――――――――――――――――――――――――
「新人国会議員が国、地域、そして人の幸せを語る」

55人。今回の参議院選挙で当選した新人議員の数です。昨年の衆議院選挙での新人議
員数は158人。合計すると全国会議員の3割近くになります。ねじれ国会と言われる
など、与野党の構成はいろいろ変化しても、国会議員の世代交代は着実に進んでいるの
です。5年、10年後には彼らが日本の政治の中軸を担う政治家になるでしょう。新人
議員は政治家としてまだ未熟でしょうが、一方で大きい可能性を持っています。大いに
彼らの政治観を語ってもらいます。

○日 時: 平成22年7月29日(木) 18:30~20:30
○会 場: 日本財団ビル2階 大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111(代)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
※会場のセキュリティの都合上、本案内状を会場1階で提示してください。
○開 演: 18時30分(開場:18時)
○討論者  : 民主党、自民党、公明党ほか衆・参議院新人議員10名余り
○コーディネーター: 加藤秀樹(構想日本)
○主 催: 構想日本
○定 員: 160名
○フォーラム参加費: 2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)
○懇親会参加費: 4,000円
(ご希望の方は下記懇親会参加に○印をつけてください)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「トラットリア・イ・プリミ 虎ノ門店」
港区虎ノ門2-2-1 JTビル1F TEL 03-3589-5812
(http://www.ep-tokyo.com/iprimi/toranomon/)
————————————————————–
参加ご希望の方は、7月28日までに出欠の是非を、下記のメールアドレス
にお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
————————————————————–
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
————————————————————–

【3】 2010年度自治体の事業仕分け 開催スケジュールはホームページでご覧ください
――――――――――――――――――――――――――――――――

稲城市 2010年7月24日(土)開催
相模原市 2010年7月31日(土)、8月1日(日)開催
高松市 2010年8月1日(日)開催
大阪市 2010年8月21日(土)、22日(日)開催

●詳しくは構想日本HPをご覧ください:http://www.kosonippon.org/shiwake/

【4】 「事業仕分け」体験研修会へのお誘い
――――――――――――――――――――――――――――――――
≪東京財団週末学校 主催≫

東京財団が、地方 の自立、地域 の再生を目的として行っている「東京財団週末学校」。
その柱の一つとして行われる行政の「事業仕分け」研修会に、構想日本は全面的に協力
しています。全国33の自治体から参加する研修生(自治体職員)たちが自治体で実際に
行われている事業を取り上げ、 本番さながらの「模擬事業仕分け」を行い、構想日本の
講師が解説 、指導等を行います。
さらに、傍聴にお越しいただいた皆様にも、「判定人」として直接「模擬事業仕分け」
に参加いただけます。「事業仕分け」を理解し、体験して頂く絶好の機会です。 是非ご
参加いただき、「事業仕分け」の進化のためにご感想などお寄せください。

≪開催概要≫
【日時】     2010年7月24日(土) 13:30~17:30
(受付開始13:00)
※入退室自由、ご都合の良い時間帯にお越しください。
【会場】     日本財団ビル2階 大会議室
(港区赤坂1-2-2 http://www.tkfd.or.jp/access.html)
【講師】     構想日本 事業仕分けチーム
【参観費】   無料
【参加研修生 所属自治体】
北海道釧路市/岩手県北上市/宮城県登米市/栃木県足利市・日光市/
埼玉県富士見市/千葉県佐倉市・白井市・千葉市/東京都足立区・
荒川区・大島町・町田市/神奈川県藤沢市/新潟県長岡市・見附市/
静岡県伊豆の国市・浜松市/三重県津市/滋賀県大津市・東近江市/
奈良県奈良市/兵庫県加西市/岡山県新庄村/山口県周南市/香川県
坂出市・高松市・丸亀市/福岡県大刀洗町・北九州市・福岡市/熊本県
大津町/沖縄県那覇市

●詳細は東京財団ホームページにてご確認下さい:
http://www.tkfd.or.jp/fellowship/program/sub.php?id=4#m6
————————————————————–
*お問い合わせ:構想日本 西田/塩野 03-5275-5607
————————————————————–

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えていただければ幸いです。またinfo@kosonippon.org宛てに
転載の旨、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたします。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第2、3巻など
好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2010 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□