メールマガジン

【No.471】選挙と投票

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
J.I.メールニュースNo.471 2010.09.30 発行
選挙と投票
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
◆◇ 目 次 ◇◆
【1】 選挙と投票
構想日本非常勤スタッフ 稲垣孝子

【2】 第158回J.I.フォーラムのご案内 本日開催

【3】 2010年度自治体の事業仕分け 開催スケジュールはホームページでご覧ください

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 選挙と投票
構想日本非常勤スタッフ 稲垣孝子
――――――――――――――――――――――――――――――――

選挙が近くなると、急行が止まらない最寄り駅にも、候補者がマイクを握って立つ姿を見
かける。昨日は私の家の近くで、雨の中傘を差しながら演説をしていた。家の中では演説
は聞こえない。少し興味があったので車の陰から見ていたが、立ち止まって聞く人の姿は
見えなかった。
選挙のお手伝いに行ったことがある。大勢の人が一人の人のために一丸となって、自分の
時間を費やしていた。正直冷めた目で、興味半分で参加した私だが、選挙戦は人の繋がり
がなければ出来ないと実感した。
「知識よりも情熱」、政治家の秘書から聞いた言葉である。立候補者に必要なのは何より
も現状を変えようとする情熱だと言われた。私は知識の伴わない情熱は暴走する危険がな
いかと心配したが、文句を言っているだけで何もしないよりはよほど建設的なのかもしれ
ないと思い直した。
私の周りでも最近、選挙に出る人がちらほらいる。確たる志を持った人が多い(全員とは
いえないところが少し寂しい)。一方で、高い志はあっても断念する人も多い。選挙の費
用がまかなえない、家族に縁を切ると言われている、現時点では勉強不足等、理由は様々
だ。
ある人の話では地方選挙ですら300万円は必要だと言われたという。勿論お金をかけな
いボランティア選挙も有るが、こちらも厳しいし、いずれにせよ供託金だけは必ずついて
回る。生活に余裕があるか、パトロンのいる人でなければ、スタートラインにも立てない
世界だ。
こうやってみてくると選挙に出るのは大変だが、その点、投票は無料で出来る。住所さえ
しっかりしていれば投票葉書は送られてくるし、投票所は小学生でも歩いていける距離だ。
私をはじめとした一般の人には、365日政治のことを考える余裕も関心もないかもしれ
ない。けれど、投票行為自体は、たった1日、1時間もかからない。それぐらいの時間は、
自分と社会の将来のために使ってみてはいかがだろうか。
投票は立候補者の中からしか選べない。自分が推したい人が居なければ、よりましな選択
をするしかない。せめて当選させたくない候補者の援護射撃にならないように、投票にだ
けは行こうと思うと同時に、志も能力もある人がもっと楽に立候補できるようなしくみに
していていくべきだと思う。

【2】 第157回J.I.フォーラムのご案内 本日開催
――――――――――――――――――――――――――――――――
「政党の自己統治能力(ガバナンス)の確立を」
~政党法=政党運営のルール化を実現しよう~

日本中いや世界中が、民主党の代表選挙が終わってヤレヤレと感じているふうです。
それは誰がいい誰が悪いということではなく、これで政権が安定して「政治の中身」
に専念してほしいということだと思います。小泉内閣以降、日本の政権はなぜこんな
にふらついているのでしょうか。それはつきつめると政党の自己統治能力(ガバナン
ス)のなさに帰着します。
企業が業績を上げるには“コーポレートガバナンス”が確立してないといけないのと
同じことです。政党のガバナンスを確立するにはどうすればいいのか、日本の将来の
ために英知を集めて議論して頂きます。

○日 時: 平成22年9月30日(木) 19:00~21:00
○会 場: 日本財団ビル2階 大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111(代)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
※会場のセキュリティの都合上、本案内状を会場1階で提示してください。
○開 演: 19時(開場:18時30分)
○討論者  : 亀井善太郎(東京財団研究員兼政策プロデューサー)
熊谷哲(京都府議会議員)
永久寿夫(PHP総合研究所 常務取締役)
真壁 昭夫(信州大学教授)
○コーディネーター: 加藤秀樹(構想日本)
○主 催: 構想日本
○定 員: 160名
○フォーラム参加費: 2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)
○懇親会参加費: 4,000円
(ご希望の方は下記懇親会参加に○印をつけてください)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「トラットリア・イ・プリミ 虎ノ門店」
港区虎ノ門2-2-1 JTビル1F TEL 03-3589-5812
(http://www.ep-tokyo.com/iprimi/toranomon/)
————————————————————–
参加ご希望の方は、電話連絡(懇親会参加の有無を含め)の上、直接、会場にお越
しください。
————————————————————–
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
————————————————————–

【3】 2010年9~11月自治体の事業仕分け 開催スケジュール
――――――――――――――――――――――――――――――――
<2010年10月>
出雲市     2日(土)、 3日(日)
亀山市     3日(日)
五島市     9日(土)
都留市     9日(土)
佐久市    16日(土)、17日(日)
開成町    17日(日)
横須賀市   23日(土)、24日(日)
足利市    30日(土)
松阪市    30日(土)、31日(日)
桐生市    31日(日)
——————————————-
<2010年11月>
富岡市     6日(土)、 7日(日)
深谷市     7日(日)
益田市    13日(土)、14日(日)
小諸市    21日(日)
龍ヶ崎市   27日(土)、28日(日)
●詳しくは構想日本HPをご覧ください:http://www.kosonippon.org/shiwake/contribution/index.php
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えてください。またinfo@kosonippon.org宛てに転載の旨を
ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたします。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第2、3巻など
好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」ただいま、更新中。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2010 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□