メールマガジン

【No.487】ヘルスケアの長期展望とアカデミズムの役割

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
J.I.メールニュースNo.487 2011.01.27発行
ヘルスケアの長期展望とアカデミズムの役割
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

【1】 ヘルスケアの長期展望とアカデミズムの役割
一橋大学院社会学研究科准教授 猪飼周平
【2】 第163回J.I.フォーラム 2月22日開催予定

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 ヘルスケアの長期展望とアカデミズムの役割
一橋大学院社会学研究科准教授 猪飼周平
――――――――――――――――――――――――――――――――
「30年後の医療の姿を考える会」という名前の会がある。訪問看護師の秋山
正子氏を中心に、在宅医療・福祉やターミナルケアといった分野で先駆的に
取り組む医師・看護師・ジャーナリストなどが、2007年に結成した団体だ。
この会の忘年会に招かれて意見交換をしたのだが、聞けば、会の名前にある
30年後とは、結成年から29年後、28年後、… と近づくのではなく、いつでも
その時点から30年後の医療の姿を考えることだという。
ここで考えてみたいのは、政策にとって30年がどんな期間かということだ。
少なくとも戦後日本のヘルスケア政策で、30年を視野に入れた政策を考えた
ことはないだろう。これまで、日本の政党に30年後のヘルスケアを見越した戦略は
おそらくなかった。その意味では日本の政治・行政の思考にとっての30年後とは、
常に範囲外だったといえる。
実は、ヘルスケアの変化にとって30年は決して長い時間ではない。例えば、
今からある種の医師養成を決定して医学部を卒業するまで6年、その後1人前に
なるまでにおよそ10年かかる。そして、この種の医師が臨床の中核を担うには、
さらに10年は必要だ。あっという間に30年近くまで来てしまう。このため、
「30年後の医療の姿」を理解できれば、政策的にも大変重要な意味をもつだろう。
問題は、誰がいかにそのような知識を生み出し、保持するかだ。可能なのはアカデ
ミズム以外にない。消極的な理由としては、このような知識に関心を持ちつづける
ことのできる主体が他にはないためだが、より積極的な理由としては、アカデ
ミズムには、そのような長期の展望的知識を生み出すことができるからだ。
20世紀の医療を全体として「病院の世紀」という概念で捉えることによって、
ヘルスケアの構造が世紀単位で変動すること、さらに現在がおよそ1世紀ぶりの
変動期にあることを、フィールドワークや歴史史料の分析を通じてまとめ、昨年
『病院の世紀の理論』として出版した。アカデミズムがヘルスケアに関する長期
展望的知識を生み出し、保持することができているかどうかに関心をもって、
お読み頂ければと思う。
私なりにではあるが、今後ともアカデミズムの政策学としての可能性を広げてゆく
努力をしたい。臨床や政策の現場の方には、そのようなアカデミズムの役割に期待を
していただきたいと願う。

【2】 第163回J.I.フォーラムのご案内 2月22日(火)開催
――――――――――――――――――――――――――――――――
詳細は決まり次第お知らせします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続してください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えていただければ幸いです。またinfo@kosonippon.org宛てに
転載の旨、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたしま
す。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第1~4巻など
、好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2011 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□