メールマガジン

【No.495】1日1回、毎正時の祈りを

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
J.I.メールニュースNo.495 2011.03.24発行
1日1回、毎正時の祈りを
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
【1】  1日1回、毎正時の祈りを
内科医・僧医  対本宗訓

【2】  第163回J.I.フォーラム 3月30日開催予定
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
大震災が起きてから2週間近くになります。
ロンドンで僧侶かつ医者として自らの研修にはげんでいる対本宗訓氏か
らいただいたメールを、ぜひ読んでいただきたいと思い、ご紹介します。
(構想日本 加藤秀樹)
【1】  1日1回、毎正時の祈りを
内科医・僧医  対本宗訓

思慮を絶し言葉を絶し、身も心も痛み続けます。当地でもBBCテレビ
などで連日大きく報道がなされています。遠く離れた地にいる私たちに
いま何ができるのか、常に問い続けています。
ロンドンは世界中いろいろな国からの人が集まっています。政治や文化
や宗教の背景もみな違います。しかしどの人も会うたびに日本の惨状に
悲しみと共感の言葉をかけてくださいますので、私も胸があつくなります。
「私たちに何かできることは?」と尋ねられるたびに、私は「1日に3
分間のご協力をお願いします」とお答えしています。
毎正時のいずれか1回、3分間だけでいいです、あなたの心からの祈り
を日本の被災地に捧げてください。犠牲になった方々のみたまに向けて
さしあげてください。困難きわまる救援活動や原発災害の現場に注いで
ください。何としてでも、破滅的な放射能汚染は防がねばなりません。
具体的なイメージを描いて、調和に満ちた力強い思念を集中していただ
ければなおありがたいです。
人によって生活のリズムが異なりますし、世界中ではそれぞれ時差があ
ります。しかし毎正時はどこの国でもどんな人にでも、世界同時に、1日
24回ちゃんと訪れます。言い換えれば、1日に24回のチャンスがあ
ります。その24回のいずれか1回でいいです。どんなやりかたでもか
まいません。あなたの意識を日本に向けていただきたいのです。
祈るだけでは無力だと多くの人が思っています。しかし祈りが無力なの
ではありません。祈ることを忘れた心が無力なのです。毎日24回、世
界中の多くの人々の祈りの想いが集結すれば、きっと大きな力となって
はたらくことになるはずです。
日本は「毎正午の祈り」でいいかもしれません。
(チェーン・メールにならないようにおねがいします)
合掌

【2】  第163回J.I.フォーラム 3月30日開催予定
――――――――――――――――――――――――――――――――
「支援の輪を広げ明日から動くために」
― この先、自治体そして私達は何をできるか、すべきか ―

大震災に関して、わたしたちができること、それは、被災地の人たちの困苦
や不安が少しでも減り軽くなるようできるだけ多くの日本人でそれをひろく
でもいいから分かち合うことだと思います。すでに多くの自治体が、被災地
のために食料や住居などを提供しています。しかし、この国難な状況は、こ
れからかなりの期間つづきます、この先のすべきことは何か、現場視点で何
が必要か、これを機に自治体間の協力体制を作れないか、また企業やNPOなど
自治体以外にもその和を広げていこう。今回は議論よりも被災支援の輪を広
げていくために市長、町長がみなさんと一緒に考えます
○日 時: 平成23年3月30日(水) 18:30~20:30
○会 場: 日本財団ビル2階 大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111(代)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
※会場のセキュリティの都合上、本案内状を会場1階で提示してください。
○開 演: 18時30分(開場:18時)
○ゲスト: 伊原巧(四国中央市長)大木哲(大和市長)菊池豊(伊豆市長)
岸良昌(みなかみ町長)小室直義(富士宮市)田中幹夫(南砺市長)
中川暢三(加西市長)仲川げん(奈良市長)中山哲志(大刀洗副町長)
藤井信吾(取手市長)藤縄善朗(鶴ヶ島市長)松本武洋(和光市長)
柳田清二(佐久市長)山中光茂(松阪市長)矢尾板俊平(淑徳大学講師)
○コーディネーター: 加藤秀樹(構想日本)
○主 催: 構想日本
○定 員: 160名
○フォーラム参加費: 2,000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)
○懇親会参加費: 4,000円
(ご希望の方は下記懇親会参加に○印をつけてください)
※ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「トラットリア・イ・プリミ 虎ノ門店」
港区虎ノ門2-2-1 JTビル1F TEL 03-3589-5812
(http://www.ep-tokyo.com/iprimi/toranomon/)
————————————————————–
参加ご希望の方は、3月30日の朝までに出欠の是非を、下記のメールアドレス
にお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
————————————————————–
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
————————————————————–
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させていただ
いた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明記の上、このメールマガジン
にご返信ください。
●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いただく
か、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続きしてください。
●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。
●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」の
ように、一言添えていただければ幸いです。またinfo@kosonippon.org宛てに
転載の旨、ご一報いただければ幸いです。
●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以下に掲載
しています。 http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたしま
す。
●好評の「ポリ吉ブログ」もご覧下さい。 http://blog.kosonippon.org/
●過去の「ワンクリックアンケート」の投票結果をご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/enquete/backnumber.php
●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』シリーズの第1~4巻など
、好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2011 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□