メールマガジン

【No.535】新年のご挨拶

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュースNo.535 2012.01.05発行

新年のご挨拶

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

【1】 新年のご挨拶
構想日本 代表 加藤 秀樹

【2】 第173回J.I.フォーラム 1月31日(火)開催

【3】 仕分け始め 1月14日(土)日田市、21日(土)北杜市

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 新年のご挨拶
構想日本 代表 加藤 秀樹

あけましておめでとうございます。

「総論賛成各論反対」。昔からよく使われる言葉です。「行政改革、財
政改革はやらなければならない」。だけど具体的な「予算の削減や増税
には反対だ」。消費税増税に反対している若い議員などの話を聞いてい
ると大体がこうです。昔のいわゆる族議員はそもそも総論からして反対
だったから、むしろすっきりしていたとすら言えます。しかし、当然の
ことながら各論で反対している限り総論はいつまでたっても実現しませ
ん。

少し違うかも知れませんが、テレビや新聞を見ていると同じようなこと
をよく感じます。原発事故の影響を受けている福島の人たちを「みんな
で支援しよう」。だけど野菜や米に関する放能線の基準は、科学的な根
拠とは別に「低ければ低いほど良い」。あるいは、「福島県産の食べ物
はなるべく買わないようにしている」。

もちろん、政府が科学的な根拠に基づいた安心できる基準値を示すこと
が前提です。しかしその基準に基づいて出荷された食べ物なら、それら
をしっかり買うことが福島の人たちの支援になるわけです。福島や近隣
県の産物を避けることは国民経済的に見ても無駄を生じることになりま
す。

さらに違うことかも知れませんが、福島県の首長が原発事故への国の対
応を批判する姿をしばしば見ます。日々対応を迫られている現場を持つ
首長の気持ちは十分わかりますが、ふと思うのは、この首長たちは事故
が起こったことに対して住民にまずは詫びたのだろうかということです。

そして、これらすべてに関して、目につくのがマスメディアです。各論
になると、大体が反対したり批判したりする側に立って議論しています。

以上のことに共通して言えることは「当事者意識」の欠如ではないでし
ょうか。

私たちは巨額の財政赤字で賄われている福祉や公共事業の恩恵を蒙って
います。しかし、その結果日本がいつギリシャのようになるかも知れま
せん。私たちは豊富な電力で便利な生活をしてきました。しかし、その
背後には大きいリスクもあったのです。財政赤字も、原発事故も、濃淡
はあるにしても日本人全てが被害者であり加害者なのです。

受益も負担も、被害も加害も「自分事」。自らを戒めながら、これらの
問題について真剣に取り組み、少しでも日本を良くしていきたい。構想
日本一同の年頭にあたっての心構えです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

【2】 第173回J.I.フォーラム 1月31日(火)開催
――――――――――――――――――――――――――――――――――
持続可能な金融について考えよう(仮)

*詳細は近日中にお知らせいたします。

【3】 仕分け始め 1月14日(土)日田市、21日(土)北杜市
――――――――――――――――――――――――――――――――――

・日田市
日 時: 2012年1月14日(土)10:00~17:30
会 場: 日田市役所 7階大会議室
連絡先: 企画課 0299-59-2111

・北杜市(公開研修)
日 時: 2012年1月21日(土)13:30~17:00(予定)
会 場: 須玉ふれあい館
連絡先: 企画課 0551-42-1321

*今後のスケジュールなど、詳しくは構想日本HPをご覧ください。
http://www.kosonippon.org/shiwake/index.php

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●JIメールニュースは、政策シンクタンク「構想日本」の活動情報などを
お届けする無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交
換させていただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方
にお送りしています。配信停止をご希望の方は、「配信停止希望」と明
記の上、このメールマガジンにご返信ください。

●登録・配信停止・アドレス変更は、news@kosonippon.org へご連絡いた
だくか、http://www.kosonippon.org/mail/regist.php で手続きしてく
ださい。

●みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動に関
わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。

●転載は大歓迎ですが、「構想日本 JIメールニュースno.xxxより引用」
のように、一言添えていただければ幸いです。また、
info@kosonippon.org 宛てに転載の旨、ご一報いただければ幸いです。

●みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見などは、バックナンバーと共に「読者の声」として以
下に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mail/index.php
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。また、氏名、
肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。イニシャル、匿
名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名
誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。

●書籍『入門 行政の「事業仕分け」』、『構想日本』(第1~4巻)など、
好評発売中です。
http://www.kosonippon.org/book/index.php

●構想日本提供の「政治家・政策データベース」もご覧下さい。
http://db.kosonippon.org/

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2011 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□