メールマガジン

【No.549】事業仕分けを日本とインドネシアの架け橋に

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.549 2012.04.12発行

事業仕分けを日本とインドネシアの架け橋に

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

【1】 事業仕分けを日本とインドネシアの架け橋に
JICAインドネシア地方代表議会議員及び
事務局の能力開発研修コースリーダー 北田 多喜

【2】 第176回J.I.フォーラム 4月26日(木)開催
※日付・会場が変更になりましたのでご注意下さい!※

【3】 ホームページ更新情報
第21回政治家アンケート結果、2011年度事業仕分け報告書

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 事業仕分けを日本とインドネシアの架け橋に
JICAインドネシア地方代表議会議員及び
事務局の能力開発研修コースリーダー 北田 多喜
――――――――――――――――――――――――――――――――
JICAでは、2006年からインドネシアの国会議員と議会事務
局職員を対象に日本の議会改革、地域振興の事例などに関する研修
を実施しています。その一環で、昨年の構想日本中村ディレクター
と、奈良市長に続いて、今年は構想日本の加藤代表と、民主党の階
議員、自民党の平議員にご協力いただき、事業仕分けの講義を行い
ました。

インドネシアの議員たちは、事業仕分けの具体的な方法のみならず、
「外部の目」、「公開性」などの特色を生かすと民主主義が形だけ
でなく実質的に機能すること、また、国会において事業仕分けを実
施することで国会の行政に対するチェック機能が活性化されること
などを熱心に聞いていました。

「事業を仕分けると聞いた当初は、議員として当然のことで別段新
しいことではないと思ったが、講義で『公開性』『外部性』『住民
参加』などの特徴について聞いて、全く新しい手法だと思った。帰
国後に自分の政党や同僚に紹介したいと思う」

これはこの講義を聞いた議員の一人の感想です。

私には、事業仕分けが彼らにとって有用であるという確信がありま
した。なぜなら、インドネシアでは汚職、収賄、縁故など、行政の
「不透明性」が大きな問題になっているからです。思った通り、事
業仕分けの要である「公開性」や「外部性」についての講義はイン
ドネシアの国会議員たちの関心を特に強く惹いたようで、質疑応答
が大いに盛り上がりました。

「事業運営の効率化を考えるうえでよい手法である。もっと深く学
んで、事業仕分け自体を見直し、インドネシアに合う形を模索した
うえで、まずは試行実施してみたい」

「素晴らしい手法である。まずは、先進的な地方政府でパイロット
プロジェクト的にやってみることから始めればいいのではないだろ
うか」

このように、実際に事業仕分けを行なってみようという感想を語っ
てくれる議員もいました。

国民や住民に開かれた場所で議論し、国民や住民も一緒になって考
え、政治の向かっていく方向を決めていく。この事業仕分けの手法
は民主主義の基本とも言えます。これをきっかけにインドネシアで
も事業仕分けが実施され、日本とインドネシアで「善政競争」がな
され、さらには、この日本発の手法が広くアジア各地で行われるこ
とになれば、その一端を手伝う機会を与えられた私にとってこの上
ない喜びです。

—————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下
に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mail/index.php
※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書
きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドル
ネームをご希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀
損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。
—————————————————————-

【2】 第176回J.I.フォーラム 4月26日(木)開催
※日付・会場が変更になりましたのでご注意下さい!※
――――――――――――――――――――――――――――――――

『医療改革の突破口』
~家庭医・総合医の確立へ~

わが国で「医療改革」というと、医療財政あるいは病院改革が論点
の中心です。しかし、本来医療とは患者と医療者の「協働」作業で
す。また、我々の日常における医療や健康問題の8割はいわゆるプ
ライマリケアの分野です。にもかかわらずこの分野を受け持つ家庭
医(GP)の仕組みが日本にはありません。さらに家庭医の確立が
病院改革・医療・財政の改革にもつながるのです。これからの日本
の医療制度における家庭医療の役割に着目しながら、今一度患者、
病院、財政 など医療全体のあるべき姿を考え、その突破口を探り
ます。

○日時: 平成24年4月26日(木)※日時・会場を変更しました。

○会場: アルカディア市ヶ谷6F 阿蘇
千代田区九段北4-2-25 TEL 03-3261-9921
http://www.arcadia-jp.org/access.htm

○開演: 午後6時30分(開場:午後6時00分)

○ゲスト: 井伊 雅子(一橋大学 国際公共政策大学院教授)
菅家 智史(福島県立医科大学 地域・家庭医療学講座)
武内 和久(前・厚生労働省医政局総務課)

コーディネーター: 加藤 秀樹(構想日本 代表)

○主催: 構想日本

○定員: 160名

○フォーラム参加費: 2000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)

○懇親会参加費: 4000円
ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「花びし(はなびし)」
千代田区九段北4-2-11 第2星光ビル1F TEL 03-3239-3040
http://www.ichigaya-hanabishi.com

※懇親会をキャンセルされる場合は必ずご連絡下さい。
直前のキャンセルの場合、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
参加ご希望の方は、【4月25日(水)まで】に出欠の是非を、下記の
メールアドレスにお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org

お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
※懇親会直前キャンセルの場合は、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
*今後のスケジュール等、詳細はHPをご覧下さい。
http://www.kosonippon.org/forum/index.php
—————————————————————-

【3】 ホームページ更新情報
第21回政治家アンケート結果、2011年度事業仕分け報告書
――――――――――――――――――――――――――――――――
○第21回 政治家アンケート「政治の方向性」結果公表!

TPP、原発問題、間接税増税、普天間基地問題、及び構想日本が
推進する政党のガバナンスについての質問を行いました。

http://www.kosonippon.org/project/detail.php?m_project_cd=1048&m_category_cd=52

○「2011年度事業仕分け報告書」公表!

2011年度の事業仕分け実施自治体における特徴や、共通して見られ
た課題の概略を報告書として取りまとめました。

http://www.kosonippon.org/shiwake/municipality_sort/detail.php?m_project_cd=1049

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届けする
無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換さ
せていただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた
方に配信しています。
◆登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご
連絡いただくか、 http://www.kosonippon.org/mail/regist.php
で手続きして下さい。
◆転載する場合は下記までご一報下さい。
info@kosonippon.org
◆構想日本の書籍の詳細はこちらです。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
◆政治家アンケート等、「政治家・政策データベース」はこちらです。
http://db.kosonippon.org/
◆みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動
に関わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2011 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□