メールマガジン

【No.557】各府省が自律的に取り組む「行政事業レビュー」

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.557 2012.06.15発行

各府省が自律的に取り組む「行政事業レビュー」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

【1】 各府省が自律的に取り組む「行政事業レビュー」
住友商事株式会社代表取締役会長 岡 素之

【2】 第178回J.I.フォーラム 6月29日(金)開催

【3】 ホームページ更新情報
今年度も始まります!事業仕分け実施予定、続々更新中

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 各府省が自律的に取り組む「行政事業レビュー」
住友商事株式会社代表取締役会長 岡 素之
――――――――――――――――――――――――――――――――
平成22年度に試験的に導入され、本年度から本格的に開始する「行
政事業レビュー」に、私は大変注目しています。

行政が行う様々な事業は、国の発展や国民経済の活性化、国民生活
の向上に資する上で、とても重要です。このような重要な事業が効
果的かつ効率的に執行されるには、政治の責任あるリーダーシップ
と、官僚の主体的、積極的かつ自律的な取組が、有機的に連携する
ことが不可欠です。

「行政事業レビュー」では、全ての府省に設置されている「予算監
視・効率化チーム」がセンターとなって、自らの事業をゼロベース
で点検し、事業の拡大、改善、縮小、廃止などを決めます。本来そ
の事業について最も知悉している当事者が、自ら省みて判断するこ
とはとても素晴らしいことだと考えています。

更に、この「予算監視・効率化チーム」のリーダーを、各省の副大
臣、もしくは大臣政務官が務めています。リーダーは結果に責任を
とらねばなりません。この体制は、まさに、政治の責任あるリーダ
ーシップの下で、官僚が主体的、積極的に取り組む実例となってい
ますので、私は大変評価しています。

民間企業では、「自主管理・自己責任」の考え方のもと、自ら事業
の選択と集中に取り組むのは、至極当然のことになっています。こ
の行政事業レビューの取り組みが定着すれば、霞が関にも「自主管
理・自己責任」の考え方が浸透するのではないでしょうか。

現在、約5400ある事業の全てについてレビュー内容がシートに記入
され、国民に公開されていますが、その一部の事業については、外
部有識者を交えた「公開プロセス」としてレビューが行われていま
す。「公開プロセス」の結果、「廃止」、「抜本的改善」などの判
定が下されたことが、マスコミで報じられています。本来であれば、
そのような事業も、各府省が自ら判断して「廃止」なり「抜本的改
善」をすべきところですが、こうした取組が、各府省の自律性をよ
り高めるきっかけになればと思っています。

「行政事業レビュー」が、我が国の行政事業を更に効果的、効率的
なものにしていくことを大いに期待しています。

*「行政事業レビュー」(公式サイト)
http://www.cao.go.jp/gyouseisasshin/contents/02/koukaiprocess.html

—————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下
に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mail/index.php
※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書
きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドル
ネームをご希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀
損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。
—————————————————————-

【2】 第178回J.I.フォーラム 6月29日(金)開催
――――――――――――――――――――――――――――――――

「孤住」から「集住」へ

~暮らし方から社会のあり方を問い直そう~

日本の一人暮らし世帯比率は3割を超えています。私たちは、お金
さえあれば、たった一人で暮らせるようになりました。しかし、そ
の「便利さ」と引換に、私たちは利害や考えの異なる他人と譲りあ
ったり協力したりしながら生活していく機会、社会的あるいは民主
的な訓練の機会を失ってしまったのではないでしょうか。他方、一
人暮らしでもなく、恋人・家族との同居でもない、第三の居住のか
たち「集住」が若者を中心に試され始めています。私たちが当たり
前と考えてきた一人暮らしや家族との生活に改めて光を当て、社会
の仕組みを問い直します。

○日時: 平成24年6月29日(金)

○会場: 日本財団ビル2階・大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
※セキュリティの都合上、本案内状を会場1階で提出して下さい。

○開演: 午後6時30分(開場:午後6時00分)

○ゲスト: 久保田 裕之(『他人と暮らす若者たち』著者
/大阪大学大学院人間科学研究科 助教)
篠原 聡子(建築家/日本女子大学住居学科 教授)
田口 歩(コレクティブハウス居住者)

コーディネーター: 加藤 秀樹(構想日本 代表)

○主催: 構想日本

○定員: 160名

○フォーラム参加費: 2000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)

○懇親会参加費: 4000円
ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531
http://www.iwaen.co.jp/tameike

※懇親会をキャンセルされる場合は必ずご連絡下さい。
直前のキャンセルの場合、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
参加ご希望の方は、【6月28日(火)まで】に出欠の是非を、下記の
メールアドレスにお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org

お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
※懇親会直前キャンセルの場合は、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
*今後のスケジュール等、詳細はHPをご覧下さい。
http://www.kosonippon.org/forum/index.php
—————————————————————-

【3】 ホームページ更新情報
今年度も始まります!事業仕分け実施予定、続々更新中
――――――――――――――――――――――――――――――――

構想日本HPでは今年度の実施予定が続々と更新されています。
ぜひご覧下さい!

http://www.kosonippon.org/shiwake/contribution/index.php

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届けする無料
のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させてい
ただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方に配信
しています。
◆登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご
連絡いただくか、 http://www.kosonippon.org/mail/regist.php
で手続きして下さい。
◆転載する場合は下記までご一報下さい。
info@kosonippon.org
◆構想日本の書籍の詳細はこちらです。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
◆政治家アンケート等、「政治家・政策データベース」はこちらです。
http://db.kosonippon.org/
◆みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動
に関わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2012 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□