メールマガジン

【No.562】職人リレーエッセー(18) 伝統工法で震災復興に貢献できる喜び

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.562 2012.07.19発行

職人リレーエッセー(18)
伝統工法で震災復興に貢献できる喜び

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

【1】 職人リレーエッセー(18)
伝統工法で震災復興に貢献できる喜び
曳家・岡本二代目 岡本 直也

【2】 第179回J.I.フォーラム 7月26日(木)開催

【3】 仕分けの夏! 今週末は安城市、松阪市で開催

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 職人リレーエッセー(18)
伝統工法で震災復興に貢献できる喜び
曳家・岡本二代目 岡本 直也
――――――――――――――――――――――――――――――――

私の職業は「曳家(ひきや)」です。現在は東日本大震災で傾いた
家などの修復にあたり新たに注目を浴びていますが、本来は古い家
を仮設鉄骨の台の上に載せて、レールの上を曳いて移動させていく
仕事です。

40年程前まで地元の高知では20業者ほどが活躍していました。当時、
道路が拡張される際には、敷地に余裕があれば、家を取り壊すこと
なく、後ろに曳いてゆくことが多かったのです。しかし、昭和50年
代の制度改正で、曳家を行なう場合でも、家を壊して新築する場合
でも、行政が経費を負担するようになったため、「どうせなら新築
にしよう」と考える住民が増えました。建築して数年の建物でさえ
壊してしまうのはもったいないことです。

結果として現在、曳家職人は絶滅の危機に瀕しています。修行をす
るにも、生計を立てるにも現場数が足りなくて、3業者しか残って
いません。

ところが、東日本大震災が起きて状況が一変しました。液状化で大
きな被害を受けた浦安市から私のところに招聘の電話が入りました。
地元を長期間離れることや、自分の技術が都会で通用するのか、な
どたくさんの不安を抱えて、大量の道具をトラックに積み込み、単
身で上京しました。

結果は、「充分通用する」でした。

東北や北関東には、まだまだ東日本大震災の影響で傾いた家がたく
さん残っています。特に、浦安市のように行政からの補助金がない
地域では、沈下修整を依頼できないまま、傾いた家に住んでいる方
がたくさんいます。南海大地震の経験から高知県で育った「曳家技
術」で、そのような方々のお役に立てることに大きな喜びを感じて
います。

新築の家も良いですが、まだ住めるのであれば、住み慣れた家を長
く使うこと、古い建築を「残す」ことの価値も考えてもらいたいと
思います。元の住居で暮らしながらできる曳家工事は費用も安く、
精神的な負担も少なく済みます。

関東で施工するに当たって色々な改良を積み重ねました。弟子に技
術を継いでいくための体制も整いました。これからもたくさんの現
場に入って後継者を育てながら、将来起こるかもしれない被害にも
備えたいと思っています。

岡本 直也(おかもと・なおや)
1960年生まれ。19歳から父親である先代に師事、27歳より親方とな
る。「感じ良い態度で、その家のために一番良いと思える工事をす
る」ことをモットーとする。

—————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下
に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mail/index.php
※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書
きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドル
ネームをご希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀
損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。
—————————————————————-

【2】 第179回J.I.フォーラム 7月26日(木)開催
――――――――――――――――――――――――――――――――

※会場は「アルカディア市ヶ谷」です。お間違いのないようご注意ください。

* * * * *

【政治の再生】

―政党は「国家統治」の前に「自己統治」を―

政治家の離合は不思議ではありません。しかし、今回の民主党、少
し前の国民新党を見ていると、企業経営で言うマネジメント、ガバ
ナンス(自己統治)が全くないように見えます。企業経営には会社
法という基本ルールがあります。ところが、政党運営には何のルー
ルもありません。マニフェストをめぐる対立もここに原因がありま
す。国を治めるのが政党の役割なら、「政党法」などの基本ルール
を定めて、まず自らを治めるべきではないか。政治の再生について
若手政治家中心に議論して頂きます。

○日時: 平成24年7月26日(木)

○会場: アルカディア市ヶ谷4階 鳳凰
千代田区九段北4-2-25 TEL 03-3261-9921
http://www.arcadia-jp.org/access.htm

○開演: 午後6時30分(開場:午後6時00分)

○ゲスト: 近藤 康之(公益社団法人日本青年会議所 副会頭)
近藤 洋介(衆議院議員/民主党)
平 将明 (衆議院議員/自民党)
中西 健治(参議院議員/みんなの党)

コーディネーター: 加藤 秀樹(構想日本 代表)

○主催: 構想日本

○協力: G1サミット政治部会 http://g1summit.com/about.html

○定員: 160名

○フォーラム参加費: 2000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)

○懇親会参加費: 4000円
ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「CHINA包菜酒 上海ブギ」
千代田区九段南4-7-17市ヶ谷杉喜ビル1・2F TEL 03-3221-9119
http://www.shanghai-bugi.jp/shop/maps/post.php

※懇親会をキャンセルされる場合は必ずご連絡下さい。
直前のキャンセルの場合、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
参加ご希望の方は、【7月25日(水)まで】に出欠の是非を、下記の
メールアドレスにお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org

お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
※懇親会直前キャンセルの場合は、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
*今後のスケジュール等、詳細はHPをご覧下さい。
http://www.kosonippon.org/forum/index.php
—————————————————————-

【3】 仕分けの夏! 今週末は安城市、松阪市で開催
――――――――――――――――――――――――――――――――

○愛知県安城市

【日程】平成24年 7月21日(土) 9:15~15:35
22日(日) 9:30~15:50
※入退室自由。

【会場】 安城市文化センター(大会議室及び展示室)

【対象事業】24事業

【参加者】事業説明者:安城市職員
コーディネーター、仕分け人:構想日本事業仕分けチーム、安城市民
市民判定人:安城市民

【連絡先】経営管理課 0566-71-2205

○三重県松阪市

【日程】平成24年 7月21日(土) 9:30~16:30
22日(日) 9:30~16:30
※入退室自由。

【会場】 松阪市産業振興センター

【対象事業】 19事業

【参加者】 事業説明者:松阪市職員
コーディネーター・仕分け人:構想日本事業仕分けチーム
市民判定人:松阪市民

【連絡先】 松阪市 市政戦略部 戦略経営課 市政刷新係
電話:0598-53-4363、FAX:0598-26-4030

*構想日本HPでは今年度の実施予定が続々と更新されています。
詳細は以下のリンクよりご覧下さい!
http://www.kosonippon.org/shiwake/contribution/index.php

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届けする無料
のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させてい
ただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方に配信
しています。
◆登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご
連絡いただくか、 http://www.kosonippon.org/mail/regist.php
で手続きして下さい。
◆転載する場合は下記までご一報下さい。
info@kosonippon.org
◆構想日本の書籍の詳細はこちらです。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
◆政治家アンケート等、「政治家・政策データベース」はこちらです。
http://db.kosonippon.org/
◆みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動
に関わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2012 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□