メールマガジン

【No.566】情報化されすぎた社会におけるパブリックスピーキングの重要性

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.566 2012.08.16発行

情報化されすぎた社会におけるパブリックスピーキングの重要性

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

【1】 情報化されすぎた社会におけるパブリックスピーキングの重要性
スピーチライター 蔭山 洋介

【2】 第180回J.I.フォーラム 8月29日(水)開催

【3】 仕分けの夏! 今週末は「富岡市」と「淡路市」で開催

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 情報化されすぎた社会におけるパブリックスピーキングの重要性
スピーチライター 蔭山 洋介
――――――――――――――――――――――――――――――――
近年取り沙汰される社会問題は、その解決策について専門家でさえ
意見が分かれることが多い。そのため、一般人にはその中のどれが正
しいか判断することはほとんど不可能である。結果として、最終的
な判断は、どの意見や人物が「魅力的に見えるか」に委ねられてし
まう傾向がある。

であるとすれば、私たちが話し手の立場にあるとき、どうすれば「理
屈」と「思い」を「魅力的に」伝え、聞き手の行動を促すかを考え
る必要があるだろう。

私は「パブリックスピーキング」が、一つの有力な手法だと考えて
いる。

パブリックスピーキングとは、単に人前で話す技術のことを指す言
葉であるが、その歴史を紐解けば、人を動かすために洗練されてき
たコミュニケーション術である。その特徴は、政治の分野で馴染み
深い「雄弁術」とは違い、大仰なレトリックは用いずに、自然であ
りながら洗練された言葉遣いと身振りによって人前で話すことにあ
る。昨年話題になった『ハーバード白熱教室』のマイケル・サンデ
ル教授の話し方のイメージと言うと、わかりやすいかも知れない。

聞き手との間で感情や情報を共有するためには「話し言葉」が有効
だ。パブリックスピーキングと弁論大会とでは、「話し言葉か、書
き言葉か」という点が決定的に違う。私たちは一対一の会話では、
相手に自分の言いたいことが伝わっているか確認しながら話してい
るが、書き言葉ではそれができない。そもそも書き言葉は、読み手
が内容を理解できなかった場合、振り返ってもう一度読むことを前
提にしているからだ。

また、パブリックスピーキングは普段の話し方のまま話すので、話
し手がどんな言葉遣いで生活していて、どういう性格で、どのよう
な個性や魅力を持っているのか、その人となりが自然に伝わる。ご
まかしは利かないが、論理を説明することや思いを伝えることに加
えて、人物の魅力を効果的に訴えることができる。

正しさとは無関係に物事が判断されるべきではないと思う人も多い
だろう。しかし、情報化されすぎて、何が正しいかを判断すること
が難しい現代社会だからこそ、「正しさ」に加えて魅力勝負でも勝
てるように努めるべきではないか。魅力を訴えるための技術として
のパブリックスピーキングは、今後ますます重要になって行くに違
いない。

蔭山 洋介(かげやま・ようすけ)
国内外の企業の経営者や管理職、政治家、その他各種団体のリーダ
ー層に対して、講演、記者会見、国際会議などのフォーマルなシー
ンから、朝礼や結婚式の祝辞などのプライベートシーンまで、幅広
い場面に対応するパブリックスピーキングの指導・アドバイスを行
っている。著書に『パブリックスピーキング―人を動かすコミュニ
ケーション術 』(NTT出版)。

—————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下
に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mail/index.php
※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書
きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドル
ネームをご希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀
損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。
—————————————————————-

【2】 第180回J.I.フォーラム 8月29日(水)開催
――――――――――――――――――――――――――――――――

教育委員会について本気で考える

いじめ問題をきっかけに、再び教育行政のあり方が問われています。
静岡県では「教育委員会仕分け」が行われています。教育行政は文
科省を頂点とする「中央集権的無責任体制」と呼ばれたりします。
何が問題の核心なのか、教育現場の実態をよく知るゲストの方に議
論していただきます。教育は社会全体の問題です。皆さん全員に関
わっていただきたいのです。同時に、学校や教育の問題に取り組ん
でおられる方は、このフォーラムで一緒に行動できる仲間を増やし
て下さい。

○日時: 平成24年8月29日(水)

○会場: 日本財団ビル2階・大会議室
港区赤坂1-2-2 TEL 03-6229-5111
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
※セキュリティの都合上、本案内状を会場1階で提出して下さい。

○開演: 午後6時30分(開場:午後6時00分)

○ゲスト: 新倉 聡(横須賀市職員)
古山 明男(古山教育研究所 所長)
穂坂 邦夫(NPO法人 地方自立政策研究所 理事長)

コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本 代表)

○主催: 構想日本

○定員: 160名

○フォーラム参加費: 2000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)

○懇親会参加費: 4000円
ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。
「頤和園(いわえん)溜池山王店」
港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531
http://www.iwaen.co.jp/tameike

※懇親会をキャンセルされる場合は必ずご連絡下さい。
直前のキャンセルの場合、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
参加ご希望の方は、【8月28日(火)まで】に出欠の是非を、下記の
メールアドレスにお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org

お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
※懇親会直前キャンセルの場合は、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
*今後のスケジュール等、詳細はHPをご覧下さい。
http://www.kosonippon.org/forum/index.php
—————————————————————-

【3】 仕分けの夏! 今週末は「富岡市」と「淡路市」で開催
――――――――――――――――――――――――――――――――

○富岡市(群馬県)◇

【日程】 平成24年8月18日(土) 9:00~17:10(予定)
※入退室自由。

【会場】 富岡市生涯学習センター3階 第1・第2会議室

【対象事業】 8事業

【参加者】 事業説明者:富岡市職員
コーディネーター・仕分け人:
構想日本事業仕分けチーム、富岡市民
市民判定人:富岡市民

【連絡先】 企画政策課 0274-62-1511(代)

○淡路市(兵庫県)

【日程】 平成24年8月19日(日) 9:00~17:00
※入退室自由。

【会場】 淡路市役所 本庁 2F大会議室

【対象事業】 8事業

【参加者】 事業説明者:淡路市職員
コーディネーター・仕分け人:
構想日本事業仕分けチーム、市民委員

【連絡先】 行政改革推進課 0799-64-2518

※◇印がついている自治体は「市民判定員方式」での実施となります。

*詳細は構想日本の事業仕分けサイトよりご覧下さい!
http://www.kosonippon.org/shiwake/contribution/index.php

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届けする無料
のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させてい
ただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方に配信
しています。
◆登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご
連絡いただくか、 http://www.kosonippon.org/mail/regist.php
で手続きして下さい。
◆転載する場合は下記までご一報下さい。
info@kosonippon.org
◆構想日本の書籍の詳細はこちらです。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
◆政治家アンケート等、「政治家・政策データベース」はこちらです。
http://db.kosonippon.org/
◆みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動
に関わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2012 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□