メールマガジン

【No.581】鎌倉市事業仕分けに仕分け人として参加して

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.581 2012.11.29発行

鎌倉市事業仕分けに仕分け人として参加して

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

【1】 鎌倉市事業仕分けに仕分け人として参加して
日本大学 生物資源科学部 獣医学科2年 木村 塁

【2】 第184回J.I.フォーラム 12月21日(金)開催

【3】 「構想日本 事業仕分け」Facebookページを開設!

【4】 鎮魂と復興へのエールの「白壁」(雄勝 希望のキャンバス)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 鎌倉市事業仕分けに仕分け人として参加して
日本大学 生物資源科学部 獣医学科2年 木村 塁
――――――――――――――――――――――――――――――――
私は11月6日に実施された鎌倉市の事業仕分けに、仕分け人として
参加しました。

ある日、家に帰ると、市役所から「市民仕分け人・市民判定人募集」
の案内が届いていました。市民仕分け人・市民判定人は無作為抽出
で選んだ市民に案内を送り、受け取った人が「参加したい」と思っ
た場合、仕分け人か市民判定人のどちらかにマルを付けて返送しま
す。そして「参加したい」人の中から、仕分け人を8名、市民判定
人を30名、それぞれ市が選ぶという仕組みでした。

私は是非、仕分け人として参加したいと思いました。これから長く
社会に関わっていく一人の若者として、公的機関でどういった取り
決めがなされているのか興味があったからです。この時点ではどの
ような事業が対象になっているのかわからなかったので、自分がし
っかりと対象事業について意見を持てるのか正直不安でしたが、仕
分け人には事業仕分け当日の前に2日間の準備期間があり、そこで
摸擬仕分けや論点の整理を行いました。

私が担当した内容は、「支所管理運営事業」と「がん検診事業」に
ついてです。どちらも自分が直接関わったという経験に乏しい事業
なので、討議の中で出た意見に対して自分がどう感じるかを吟味し
て話すことで精一杯でした。しかし、事業の当事者の意見、仕分け
に携わってきた人の意見、会社員の意見、主婦の意見、自分のよう
な学生の意見が同じ討論の場で話し合われることは、行政側とその
サービスを受ける様々な立場の市民が直接やりとりでき、とても有
意義であると感じました。

今回参加した鎌倉市民の方々は本当に自分たちの住む街を良くしよ
うという意識が高く、それがお互いの刺激になったように感じます。
このような企画にその地域に住むもっと多くの「普通の」人が参加
することで、問題点を共有して話し合い、新たな解決策を見つけた
り、官と民の考え方のギャップを埋めたりすることができると思い
ます。実際、自分がこのような討議に参加して、これからもっと自
分の住む地域のことを主体的に考えていくことの必要性を感じまし
た。

また、問題を浮かび上がらせる考え方や目的意識を見直すことの大
切さなど、これから社会に出て必要であろう知恵も学べました。こ
のような貴重な経験で得たことをこれから活かしていきたいと思い
ます。また機会があればぜひとも参加したいです。

—————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下
に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mail/index.php

※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書
きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドル
ネームをご希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀
損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。
—————————————————————-

【2】 第184回J.I.フォーラム 12月21日(金)開催
――――――――――――――――――――――――――――――――

政党熔解時代
― 国民が政治の主役になれる絶好のチャンス ―

14党党首討論会! 少し前までいくつかの主要政党以外は「諸派」
と呼ばれていましたが、今や全部諸派という感じになっています。
数だけでなく、内容においても政党熔解中です。この状況は総選
挙後も当分続くでしょう。だから、今は日本の政治を再建するうえ
で大変重要な時期なのです。前回のフォーラムで議論されたように、
この時期に、国民の眼を政治家、候補者の上にふりそそぎ、数年後
に向けて政党、政治システムの新しい型を作っていかなければなり
ません。その「鋳型」の形、作り方について津田さん、湯浅さんと
議論します。

○日時: 平成24年12月21日(金)
午後6時30分~午後8時30分(開場:午後6時00分)
※以前お伝えしていた日程から変更になりましたのでご注意下さい。
【変更前】12月19日(水) → 【変更後】12月21日(金)

○会場: 都市センターホテル 601号室
(※初めての場所ですので、ご注意下さい)
千代田区平河町2-4-1 TEL 03-3265-8211
(http://www.toshicenter.co.jp/access/index.html)

○ゲスト:     津田 大介(ジャーナリスト)
湯浅 誠(NPO法人 自立生活サポートセンター
もやい 事務局長)

コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本 代表)

○主催: 構想日本

○定員: 130名

○フォーラム参加費: 2000円(シンクネット・構想日本会員は無料です)

○懇親会参加費: 4000円
ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。

「レストラン ピアッツァ」 ホテルルポール 麹町
(初めてのお店です。お間違えのないように)
千代田区平河町2-4-3 TEL 03-3265-6435
(http://www.leport.jp/restaurant/piazza/index.html)

交通のご案内(ホテルルポール 麹町)
http://www.leport.jp/map/access.html

※懇親会をキャンセルされる場合は必ずご連絡下さい。
直前のキャンセルの場合、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
参加ご希望の方は、【12月20日(木)まで】に出欠の是非を、
下記のメールアドレスにお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org

お名前

所属

ご連絡先

懇親会に     参加する      参加しない
※懇親会直前キャンセルの場合は、キャンセル料を申し受けます。

—————————————————————-
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
*今後のスケジュール等、詳細はHPをご覧下さい。
http://www.kosonippon.org/forum/index.php
—————————————————————

【3】 「構想日本 事業仕分け」Facebookページを開設!
――――――――――――――――――――――――――――――――
事業仕分けのFacebookページを開設いたしました。
事業仕分けに関する様々な情報を発信していきます。

http://www.facebook.com/shiwake

ぜひご覧いただき、「いいね!」を押してください。

【4】 鎮魂と復興へのエールの「白壁」(雄勝 希望のキャンバス)
――――――――――――――――――――――――――――――――

日本再発見塾などで構想日本ともご縁のある“熱い左官”挾土
秀平が石巻市雄勝町の砂浜に高さ4m、長さ40mの巨大な“壁”
を造ります。この壁は、震災で亡くなった人に対する鎮魂と町
の復興に力を尽くしている人たちに対するエールの、あふれん
ばかりの気持ちを込めて彼が海に向けて建てようというものです。
彼の熱い呼びかけに応じて多くの人が集まります。鎮魂のキャンバス
に見立てた白壁には漫画家井上雄彦が画を描きます。その回り
は地元の人々中心にメッセージで埋めます。壁は12月1日完成。
翌2日には雄勝太鼓の演奏、法印神楽の奉納などを含む完成式を
行います。熱い左官を応援する著名人もかけつけると聞いています。
壁造りに血眼になり大勢の人に衆知できていないのは挾土秀平の
常です。時間はわずかですが、今週末少しでも多くの人が現地に
出向き、メッセージを書き入れ、この白壁に魂が宿り、雄勝に
限らず広く被災地とその海に鎮魂、願い、決意そしてエールの声
が届くよう、読者のみなさまにもこの催しのことがメディアを
含め多くの人に伝わるようご協力をお願い致します。

(注)この壁は数ヶ月後には撤去される予定です

12月1日~ 12月2日 午前 井上雄彦作画とメッセージの書きこみ

12月2日 14:00 完成式開始
・雄勝輪太鼓の演奏
・法印神楽の奉納
・著名人スピーチなど

16:30 完成式終了

—————————————————————-
* お問い合せは、「雄勝 希望のキャンバス」実行委員会事務局まで
TEL 080-2814-0949(雄勝事務局)
TEL 090-3389-3625 (高山事務局)
—————————————————————

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届けする無料
のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換させてい
ただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込まれた方に配信
しています。
◆登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へご
連絡いただくか、 http://www.kosonippon.org/mail/regist.php
で手続きして下さい。
◆転載する場合は下記までご一報下さい。
info@kosonippon.org
◆構想日本の書籍の詳細はこちらです。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
◆政治家アンケート等、「政治家・政策データベース」はこちらです。
http://db.kosonippon.org/
◆みなさんの個人情報は、構想日本が厳重に管理し、構想日本の活動
に関わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2012 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□