メールマガジン

【No.592】言葉の独り歩き

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.592 2013.02.28発行

言葉の独り歩き

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

☆★ 構想日本のFacebookページ 「いいね!」1万人運動開始 ☆★
https://www.facebook.com/shiwake

【1】 言葉の独り歩き
構想日本ディレクター 伊藤 伸

【2】 第187回J.I.フォーラム 3月下旬(近日中に確定予定)

【3】 泉州てらこや 第19回 共に学ぶ会
「事業仕分けの真実 ~仕分けの本当の意義と成果~」

【4】 市民と進める行政改革シンポジウム2013
― 事業仕分けの手法を活用した行政改革、まちづくりの新たな動き ―

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 言葉の独り歩き
構想日本ディレクター 伊藤 伸
――――――――――――――――――――――――――――――――

みなさん、「改革」という言葉にどんな印象を持っていますか。

辞書を引けば「従来の制度などを改めてより良いものにすること」
とある。周りの人に聞いても、大体「変える」「前向き」という
「良い」イメージに落ち着く。しかし、政治の世界で起こっている
ことを見ると、実際には、いつの間にか本質ではない、十分ではな
いことも「改革」の美名の下に了承されてしまっていることも多い。

例えば行政改革。従来は行政の中の組織や人の効率化(1)を意図し
てきた。行革と言うと、今でも公務員の「生活回り」(給与や宿舎、
天下りなど)ばかりがクローズアップされているのもここに起因し
ている。しかし今や、それは本質ではない。企業ではまず事業量を
減らした上で人件費をカットするように、行政も事業への切り込み
がまず必要である。このような、国や地方がやっている仕事、事業
を見直し、役割の再定義(2)ができてこそ、行政改革は達成される。

しかし、(2)を行えば、国民/市民にとってはサービス水準の低下、
負担の増大もあり得る。これを言うのは政治的にはプラスにならな
いため、政治は総論では言うものの、各論、実行となると避けてき
た。だから専ら(1)、すなわち公務員バッシングをやるようになる。
メディアも同様だ。

「言葉の独り歩き」は行政の仕事の中にも潜んでいる。

「青少年育成事業」と聞けば誰もが良い事業だと思うかもしれない
が、実際には子供を公園でポニーに乗せているだけだった自治体。
「○○地域開拓推進事業」と言うととても壮大な計画に聞こるが、
実際には団体の人件費の補助だけだった自治体。

国では以前、「SATOYAMAイニシアティブ推進事業」というローマ字、
カタカナ、漢字が混在した、一見わかるようでわからない事業があ
った。この事業は重要な里山を300か所選定したり、諸外国の事例
を研究しながら自然資源管理モデルを策定・発信したりするもので、
里山保全という目的達成にはなっていないものだった。

このように、聞こえの良い言葉は頭に入りやすいが、実はその言葉
によって思考停止に陥っていることも多い。

私は3年ちょっと霞が関で仕事をしていたが、公務員は「言葉」の
使いこなしが、良くも悪くも巧みだと実感した。これは行政に限っ
たことではなく社会生活全般に言えることだ。だからこそ私たちは、
言葉を鵜呑みにして勝手に自分のイメージを作ることから脱却し、
言葉(看板、コピー)と実際に行われている内容をよく考えなけれ
ばならないと痛感した。メディアなど発信する側も、「わかったつ
もりになって」きれいな言葉に閉じこもるのをやめ、本質を理解す
るよう努力した上で伝えるべきだ。

構想日本の活動のテーマは、政治と生活が密接に関わっていること
を個別の政策課題を通して伝えていくこと。本質を見抜き、それを
わかりやすく国民に伝えていくことだ。私もこの2月から構想日本
に復帰したので、改めてこれらのテーマの実現に努めていきたい。

—————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下
に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mail/index.php
※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書
きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドル
ネームをご希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀
損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は禁止いたします。
—————————————————————-

【2】 第187回J.I.フォーラム 3月下旬(近日中に確定予定)
――――――――――――――――――――――――――――――――

生活困窮者に対する支援のあり方(仮)

生活保護・就労支援などの制度と、現場の実態について考えます。

※詳細は近日中にお知らせいたします。
今後のスケジュール等、詳細はHPをご覧下さい。
http://www.kosonippon.org/forum/index.php

—————————————————————-
*参加申し込みに関するお問い合せは、
事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665
*内容に関するお問い合せは、
フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
*今後のスケジュール等、詳細はHPをご覧下さい。
http://www.kosonippon.org/forum/index.php
—————————————————————-

【3】泉州てらこや 第19回 共に学ぶ会

「事業仕分けの真実 ~仕分けの本当の意義と成果~」
――――――――――――――――――――――――――――――――

【講師】伊藤 伸
(構想日本ディレクター/元内閣府行政刷新会議事務局参事官)

【日時】平成25年3月8日(金)18:30 ~(開場18:00)

【場所】泉大津商工会議所2階ホール
〒595-0062 大阪府泉大津市田中町10-7
TEL:0725-23-1111
地図:http://www.izumiotsu-cci.or.jp/tizu/

【主催】NPO法人 泉州てらこや

【後援】泉大津市

【入場料】無料

【お問合わせ】090-8385-2686(泉州てらこや)

—————————————————————-

【4】 市民と進める行政改革シンポジウム2013

― 事業仕分けの手法を活用した行政改革、まちづくりの新たな動き ―
――――――――――――――――――――――――――――――――

行政が行っている個々の事業を統一フォーマット化した「事業シー
ト」、無作為抽出による「市民判定人制度」を中心とした事業仕分
けの手法を活用して、住民とともに行政改革、まちづくりについて
ディスカッションします。多くの方の参加をお待ちしています。

【対象】
・事業仕分けを実施した/今後実施する可能性のある自治体担当者、
まちづくりを市民とともに進めていこうと考えている自治体職員
・事業仕分けなど市民参加の行政改革、まちづくり等に関心のある
議員、市民など
・定員50名(先着順)

【日時】平成25年3月9日(土)13:30~16:45

【場所】ドーンセンター 大会議室3
(大阪府立男女共同参画・青少年センター)

〒540-0008 大阪市中央区大手前1-3-49
TEL: 06-6910-8500
地図: http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

【主催】滋賀大学社会連携研究センター

【後援】構想日本

【参加費】無料

【プログラム】

1.挨拶、問題提起
滋賀大学社会連携研究センター教授 石井 良一

2.講演
「『事業シート』『市民判定人制度』を活用した
事業仕分けの動向と今後の可能性」
構想日本ディレクター 伊藤 伸

3.事例報告「市民と取り組んだ事業仕分け」(仮)
愛知県幸田町総務課課長補佐 内田 守
4.ワークショップ
「市民とともに進める行政改革、まちづくりのために
-事業仕分け手法の活用の可能性-」

・班に分かれて議論します。

5.総括

・パネルディスカッション方式で議論を総括します。

※終了後17:30~19:00頃の予定で懇親会(会費4,000円)を致します。

【申込先】滋賀大学社会連携研究センター 畑中、石井
〒522-8522 滋賀県彦根市馬場1-1-1
Tel:0749-27-1141、Fax:0749-27-1431
メール:ccp@biwako.shiga-u.ac.jp

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆ J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届け
する無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが
名刺交換させていただいた方、2.ホームページで直接購読
を申し込まれた方に配信しています。
◆ 登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org
へご連絡いただくか 以下のURLにて手続きして下さい。
(http://www.kosonippon.org/mail/regist.php)
◆ 転載する場合は下記までご一報下さい。
info@kosonippon.org
◆ 構想日本の書籍の詳細はこちらです。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
◆ 政治家アンケート等、「政治家・政策データベース」は
こちらです。http://db.kosonippon.org/
◆ みなさんの個人情報は構想日本が厳重に管理し、構想日本
の活動に関わるご案内をお送りする以外、使用することは
ありません。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2012 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□