メールマガジン

【No.635】一年の計-ひとりひとりをもっと大切に!-

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

J.I.メールニュース No.635 2013.12.26発行

「一年の計-ひとりひとりをもっと大切に!-」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

* 今回が2013年最終号です。新年は1月9日から配信致します。
本年もご愛読頂き、ありがとうございました。
寒さの厳しい日が続きますが、ご自愛頂き、
良いお年をお迎え下さい。
来年も宜しくお願い致します。

【1】 オフィス移転のご案内
構想日本 代表 加藤 秀樹

【2】 <寄稿文> 「一年の計-ひとりひとりをもっと大切に!-」
構想日本 研究員 丹治 幹雄

【3】 <お知らせ>

(1) 第197回J.I.フォーラム  1月28日(火)開催
「日本のメディア大改造計画~処方箋は見つかるか~」

(2) 国民総仕分け人サイト「JUDGIT!」本格稼働!
http://judgit.net/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【1】 オフィス移転のご案内
構想日本 代表 加藤 秀樹
――――――――――――――――――――――――――――――――

構想日本は1997年の発足以来現在のオフィスで活動をしてきました
が、来年2月1日をもって下記の新オフィスに移転いたします。
新オフィスは現在地から50mほど住宅地の中へ入った所で、国会、
官庁との位置関係はほとんど変わりません。
具体的には1月26日引越しです。27日の週は、通信関係などで多少の
ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、ご容赦下さいます
ようお願い致します。2月からは、従来にもましてフル回転の予定です
ので、よろしくお願い致します。

【新オフィス】
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-9-2 エスパリエ平河町3F
TEL:03-5275-5607 FAX:03-5275-5617
——————————————————————-

【2】 「一年の計-ひとりひとりをもっと大切に!-」
構想日本 研究員 丹治 幹雄
――――――――――――――――――――――――――――――――

このところ年末年始の景色が随分変わったなと感じる。ハロウィ
ーンやクリスマスではとても盛り上がるが、正月はしめ飾りもなく
普通にコンビニが開いている。少し価値観が変わりつつあるのかな
と改めて思う。

今年の10大ニュースなどを見ると、国内では昨年と比べて事件性
のあるものが多いが、私の感覚ではやはり東京オリンピック開催決
定、富士山世界遺産、そして消費税増税や秘密保護法案などだろう。
海外では、昨年は多くのニューリーダーが誕生したが、今年はサッ
チャー氏、マンデラ氏の逝去、ローマ法王の退位、そしていくつか
の天変地異だろうか?この中にも出て来ているが、国民の関心事が
例えば国土問題であったり、消費税のような生活に直結するもので
あったり、どうも物質的なものに傾いている気がする。国としての
成長至上主義が頭をもたげて来ていて、国家としての価値の維持が
重んじられていないか?「おもてなし」という言葉が空虚に聞こえ
るのは私だけだろうか?

この間ある編集者に聞いたら、今はとにかく周辺諸国を叩くよう
な記事・書物しか売れないそうだ。そして一方で、安全保障戦略に
愛国心が入り、学校における道徳教育が推進される。

でも、まだ私が子どもだったころ、決して今のように豊かではな
かったが、もっと国民のひとりひとりが幸せだった時代があったよ
うに思い起こしている。ひとりひとりが、お互いに助け合いながら、
前を向いて明るく生きていたように思う。一日一日を生きる人々の
顔に輝きがあった。誰も人を押しのけたり、隣国を激しく非難した
りせずに、ひたすらみずからの毎日を生きていた。

1年半ほど前、ある日突然高校の同窓会のフェイスブックで15年
後輩から、その同期生の白血病の連絡があった。直接は全く知らな
い相手ではあるが、大変重い症状だったようで、自分の同期生に早
速相談したところ、丁度専門家が病人の近くにいて、彼の尽力で移
植などの治療が行われ、一度は退院をするまでになった。しかし、
再度病状が悪化し、大がかりな臓器移植がすぐに出来ないと難しい
とのことだった。この時わが同期生が見舞いに行った際に、全て医
師から知らされているにもかかわらず、本人が「今日を生きた。次
は明日です。」と力強く話し、奥様も寄り添っておられた、との話
を聞いて、私は人の生への真摯な思いを感じるとともに、ひとりひ
とりが日々生きて行くことがいかに貴いものか、改めて認識させら
れた。一度見舞っただけの後輩だったが、この言葉を思い起こすた
びに涙が止まらない。

なお、残念だが、彼はついこの間世を去った。心からご冥福を祈
りたい。

経済の成長が我々の生活を支えるために重要なのはもちろんだが、
社会は実はひとりひとりの個人から成り立っている。それぞれのひ
とりひとりが本当に様々な苦労をしながら一生懸命生きている。私
たちは今一度このことに深く思いを致す必要があるのではないだろ
うか?そして、何でも揃う正月ではなく、昔のようにどこも開いて
いない正月に、地に足をつけて、心静かに自らの来し方行く末を見
つめてみたい。

Kiroroの「未来へ」という歌の一節が思い浮かんできた。「ほら、
足元を見てごらん。これがあなたの歩む道。ほら、前を見てごらん。
あれがあなたの未来。」

——————————————————————-
*みなさんのご意見をお待ちしています。(800字以内でお願いします)
info@kosonippon.org
いただいたご意見はバックナンバーと共に「読者の声」として以下
に掲載しています。
http://www.kosonippon.org/mail/index.php

※不掲載をご希望の場合は必ずその旨を明記して下さい。氏名、肩書きは、
特にご指示がなければそのまま掲載します。匿名、ハンドルネームをご
希望の場合は必ず明記して下さい。なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、
差別的な記述などの投稿は禁止いたします。
——————————————————————

【3】 (1) 第197回J.I.フォーラム  1月28日(火)開催
―――――――――――――――――――――――――――――――――

日本のメディア大改造計画
~処方箋は見つかるか~

「マスコミがひどいよね」頻繁に聞くセリフです。しかし、
どうすれば良いか答えは聞きません。官僚批判と同様、私たち
はメディア批判をしてうっぷん晴らしをしているだけかもしれ
ません。
マスメディア-新聞、テレビそれぞれの本質的な問題は何か。
ネットメディアの可能性と問題点を一度きちんと整理しなけれ
ばいけません。 マスメディア、ネットメディア双方の世界を熟
知し、なんとかせねばと考えておられる方をお招きし、メディア
の世界の問題点と可能性を整理し、処方箋を探ります。

○日時:1月28日(火)18時30分~20時30分(開場18時00分)

○会場:日本財団ビル2階 大会議室

○ゲスト:君和田 正夫(株式会社テレビ朝日 元会長)他

コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本 代表)

○フォーラム参加費:一般 2,000円 / 学生 500円(学生証提示)
(シンクネット・構想日本会員は無料です)

○懇親会「頤和園(いわえん)溜池山王店」(懇親会費 4000円)

※ フォーラムへの参加はHPのフォームから、もしくはこのメール
にご返信をお願いします。
(http://www.kosonippon.org/forum/regist.php?m_forum_cd=302)
——————————————————————-

【3】 (2) 国民総仕分け人サイト「JUDGIT!」本格稼働!
http://judgit.net/
―――――――――――――――――――――――――――――――――

誰でも自宅からスタンプを押したりコメントを書いたりして国の事業
に対して意思を表明できるウェブサービス「JUDGIT!(ジャジット)」が
ついに本格稼働。

まずは試してみてください。そして、ご家族、お知り合いに是非すす
めて下さい。コメントする人が多いほど、政治家や官僚を動かすことが
できます。トップページに登録画面があります(もちろん無料)。
わかりにくいところがあれば、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

担当:伊藤・田中 TEL:03-5275-5607
E-mail:shiwake@kosonippon.org

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆J.I.メールニュースは、構想日本の活動情報などをお届けする
無料のメールマガジンです。1.代表及びスタッフが名刺交換
させていただいた方、2.ホームページで直接購読を申し込ま
れた方に配信しています。
◆登録・配信停止・アドレス変更は、 news@kosonippon.org へ
ご連絡いただくか 以下のURLにて手続きして下さい。
http://www.kosonippon.org/mail/regist.php
◆転載する場合は下記までご一報下さい。
info@kosonippon.org
◆構想日本の書籍の詳細はこちらです。
http://www.kosonippon.org/book/index.php
◆みなさんの個人情報は構想日本が厳重に管理し、構想日本の
活動に関わるご案内をお送りする以外、使用することはあり
ません。
◆掲載内容等に関するお問い合せは、TEL 03-5275-5607まで。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 構想日本、発行責任者 : 加藤秀樹
info@kosonippon.org
http://www.kosonippon.org/
Copyright(C) 1999-2013 -構想日本- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□